【競馬予想】九州・小倉に思いをはせて【小倉2歳S】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
このブログでは夏の小倉開催のオーラスを飾る重賞
小倉2歳Sの予想をしていきます。

はぁ~あ、結局今年も1回も小倉遠征出来なかったなぁ~。

まぁ、コロナ禍ですから仕方ありませんね。

まぁ、そうなんだけどさぁ……。
あー、今年こそ小倉競馬場に行きたかったし、小倉駅のビルにある「想夫恋」の日田焼きそば食べたかったし、ゼンノロブロイの馬主さんの会社としても知られる?「ゼンリン」が運営する「ゼンリンミュージアム」って言う地図の博物館も行きたかったじょー(´;ω;`)。

来年にはワクチンも普及してるでしょうからきっと行けますよ。

本当にそうなってほしいなぁ(*‘ω‘ *)。

過去5年勝ち時計&ラップタイム

小倉芝1200mはスタート直後から下り坂。その為スタート直後テンの1F目から11秒台が出てくる極端な前がかりコース。2歳馬でこのペースをゴールまで維持するのは難しいのか後半は徐々にラップタイムが上がっていく傾向が見られる。ゆえに単純なスピードだけじゃなく消耗戦に耐え抜くパワーも欲しい。

血統的には、これは俺っちの感覚的な印象でしかないんだけど「中山芝1600mでも買えそうな種牡馬」が来ているイメージ。具体的にはダイワメジャーとかミッキーアイルとかキンシャサノキセキとかスクリーンヒーローとか。

今回は人気しそうなところでも2ソリッドグロウ4インプロバイザーがダイワメジャー産駒、7スリーパーダ9ナムラクレがミッキーアイル産駒、3ショウナンマッハも母の父がダイワメジャーですね。

その中でも俺っちは4インプロバイザーを推したい。
前走未勝利勝ちのテンの2F22.3と言う数字は今回の出走馬が過去走ったことがあるレースの中で最速。ハイペースに対する耐性はこの馬が一番あると言っていい。
前走は高速馬場で行われたこともあって、終いの3Fも 11.2-11.3-12.2 とラップの落ちは少なかったから「パワー」の点についてはちと不安があるんだけれども父がダイワメジャー、姉に1400mで3勝しているグレイイングリーンがいるから多少時計がかかってパワーやスタミナがいる展開になっても通用する下地はあると思う。
単勝で買うならこの馬かなと思う。

相手はどのあたりでしょうか?

このレースは何よりハイペースへの耐性が重要だと思ってるからテンの2F22秒台で勝ってきた馬は評価したい。今回の出走馬では
3ショウナンマッハ
6エトワールジェンヌ
9ナムラクレア

の3頭が該当。この中でもテンの1Fが11秒台だったショウナンマッハとエトワールジェンヌは評価したい。

3ショウナンマッハは父ショウナンカンプがやや軽いイメージがする種牡馬でパワーに不安を残す点と、前走がインプロバイザーの翌日走ったレースなのにラップタイムが
11.9-10.7-11.1-11.5-11.5-11.9
と早めにペースが落ちている点が気になってやや評価を下げた。ただ、このラップタイムの落ちは単にレベルが劣るんじゃなくてパワーの証左と言う可能性もあるから切るわけにはいかないと思う。

6エトワールジェンヌは新馬戦はキレ負けして7着に敗れているけど、前走ダートに変わって勝利。切れ味は見劣るがハイペースの辛抱比べなら最後までしっかり脚を使い切れるタイプに見える。人気は全くないけれど荒れてきた今の小倉の馬場なら十分にチャンスはある馬だと思うよ。

◎4インプロバイザー

〇3ショウナンマッハ

▲6エトワールジェンヌ

△8ブレスレスリー

△9ナムラクレア

推奨買い目

単勝:4 500円

馬連:3-4 500円

ワイド(流し):6-3,4 各300円

3連複(フォーメーション):3,4,6-3,4,6-3,4,6,8,9

「買い目多いな」と思った人は8ブレスレスリーを削るのが良いかなって思うよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です