3歳初の長距離重賞は持続力が大切~青葉賞予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。土曜日の東京メインはダービートライアル青葉賞です。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:リオンリオン:2.25.0 12.7-11.2-11.9-12.1-12.0-11.8-12.3-12.2-12.5-11.6-11.8-12.9(稍重) 71.7-73.7(47.9-48.3-48.8)

2018年:ゴーフォザサミット:2.24.4 13.2-11.2-11.8-12.2-12.4-12.7-12.3-12.2-12.0-11.6-11.1-11.7(良) 73.5-70.9(48.4-49.6-46.4)

2017年:アドミラブル:2.23.6 12.5-11.2-11.8-11.8-12.4-12.4-12.3-12.1-11.9-11.8-11.4-12.0(良) 72.1-71.5(47.3-49.2-47.1)

2016年:ヴァンキッシュラン:2.24.2 12.7-10.9-12.3-13.0-12.4-11.6-11.9-11.7-11.9-11.6-12.3(良) 72.9-71.3(48.9-47.6-47.7)

2015年:レーヴミストラル:2.26.9 12.7-11.1-12.4-12.8-12.9-13.3-13.1-12.3-12.0-11.5-11.2-11.6(良) 75.2-71.7(49.0-51.6-46.3)

※見方…年度:勝ち馬:勝ちタイム ラップタイム(馬場) 前半6F‐後半6F(前半4F-中盤4F-後半4F)

☆傾向

①年によってまちまちだが多いのは前半少し速い→中盤緩む→後半速いという中だるみのラップ。

②ただし、スローの上がり勝負になるかと言うとそういうわけではない。0.6秒以上の大きな加速ラップがあるタイミングは、2015年がラスト6F目から5F目の間、2016年目がラスト7F目から6F目の間とロングスパートのレースになりがち。2017年と2018年は0.6以上の加速ラップ自体が(テンの2F目を除いて)ないし、持続力耐久力が重要になる。

③具体的な条件をあげると「レース中、ハロン間で一番加速しているラップがラスト5F目より前、かつ0.6以上の加速であるレース」、もしくは「0.6以上の加速がない1600m以上のレース」で好走経験がある馬としたい。但し、テンの1F目と2F目の加速についてはノーカウントとし、どちらも「5F以上12.4以内のラップを続けてている箇所がある」ことを条件にし、好走の定義は「条件戦なら1着、オープン以上のレースなら2着以内」とする。

④上がり3F内に11秒前半のラップがあるのは過去5年中3年でそれぞれ1Fずつ。最高速度はそれほど重要ではなく、持続力・耐久力があった上で、備えていれば尚良しくらいのイメージ。

⑤血統表内にトニービンが入ってる馬が3連覇しており、この血を持つ馬は要注目。

⑥新種牡馬ではエピファネイア産駒が2000mを超えるレースで【3/5/4/9】。連対率38%、複勝率57%と好成績を残しており注目に対する存在。

強敵と戦ってきた経験が生きる

それでは早速予想の方に入って行きましょう。

OK。じゃあ上の傾向をもとに買う馬を絞っていこう。

まず、③の要素でふるいにかけると残るのは、

3オーソリティ:芙蓉S1着:12.5-11.8-13.8-12.9-13.3-12.4-12.1-11.4-11.2-11.5

8アピテソーロ:未勝利1着:12.5-11.5-12.1-12.2-11.8-12.3-12.5-12.5-13.0

10ダノンセレスタ:未勝利1着:12.9-11.7-12.7-12.8-12.9-12.8-12.9-12.4-11.9-11.6-11.6-12.0

13ロールオブサンダー:新馬1着:12.8-11.4-13.0-13.0-12.4-12.3-12.3-12.4-12.1-12.2

15フライライクバード:未勝利1着:12.7-11.6-12.9-13.3-13.1-13.1-12.6-12.2-11.8-11.3-11.2-11.5

16プリマヴィスタ:未勝利1着:12.7-11.1-12.5-12.2-12.0-12.3-12.1-11.9-11.9-12.2

の6頭。

ちなみに太字になっているラップは「そのレースで最大の加速ラップであり、かつ前の1Fから0.6以上加速しているラップ」を表しているよ。

次に、この6頭が④~⑥の条件をどれだけ満たしているかを見ていくと、

④上がり3Fに11秒台前半のラップがある…3,15

⑤トニービンの血が入っている…10,16

⑥父がエピファネイア…(3),13

⑥の(3)ってどういう意味ですか?

オーソリティの母ロザリンドは父がシンボリクリスエス、母がシーザリオだからエピファネイアの全妹にあたる。血統も予想のファクターとするならこの馬もいれないとおかしいかなと思ってね。

と言う事で、本命は④~⑥で2つの条件を満たした

3オーソリティ

父がオルフェーヴルだから高速馬場の適性を不安視する向きもあるだろうが、芙蓉Sのラスト3Fは11.4-11.2-11.5と11秒台前半が2F含まれるなかなかの高速ラップ。東京競馬場も問題ないと見る。

⑥で触れた通り、エピファネイアの子供がこれだけ長距離で活躍している現状を鑑みると、その全妹の子供であるこの馬にも長距離に適性があると考えるのは自然な流れ。

適性があるとなれば、ウインカーネリアン、コントレイル、サトノフラッグと皐月賞で掲示板に載った馬たちと走ってきた経験値はこのメンバーでは一枚上と信じたいね。

相手はどうしましょう?

上位にとりたいのは、オーソリティに足りない⑤の条件を満たしている馬、あと満たし方が変則的だった⑥を満たした馬。馬連はこれらの組み合わせを買って、3連複に15を追加するイメージかな。

◎3オーソリティ

〇10ダノンセレスタ

▲16プリマヴィスタ

△13ロールオブサンダー

✕15フライライクバード

買い目

馬連(流し):3-10,13,16

3連複(1頭軸流し):3-10,13,15,16

ずばり、自身の度合いはいかほどでしょう?

うーん。可もなく不可もなくってところで☆☆が妥当かな。

※自信度の目安

☆☆☆…家宝を質に入れてでも買うってくらい自信あり。どーんと大勝負。

☆☆…それなりの自信度。大勝負はしないけど、ちゃんと馬券を買い忘れないようにしたい。

☆…あんまり自信なし。場合によっては撤退(見)も視野に入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です