高速決着で浮上するのはどの馬だ~NHKマイルカップ予想~

過去5年時計&ラップタイム

2019年:アドマイヤマーズ:1.32.4 12.0-10.4-11.5-11.9-12.0-11.3-11.3-12.0(良) 45.8-46.6

2018年:ケイアイノーテック:1.32.8 12.1-11.1-11.2-11.9-11.7-11.3-11.5-12.0(良) 46.3-46.5

2017年:アエロリット:1.32.3 12.4-10.9-11.2-11.6-11.8-11.3-11.3-11.8(良) 46.1-46.2

2016年:メジャーエンブレム:1.32.8 12.3-10.7-11.3-11.7-11.7-11.3-11.5-12.3(良) 46.0-46.8

2015年:クラリティスカイ:1.33.5 12.4-11.1-11.8-11.9-12.1-11.1-11.3-11.8(良) 47.2-46.3

☆傾向

①11秒台が連なる淀みない流れ。テンの1Fとラスト1Fを除くと1番遅いハロンラップでも12.1。緩急のないラップに対応できる耐久力が必要でスローでしか実績のない馬では厳しい。

②ラスト3Fに11秒台前半が出なかった年はなく後半にもしっかりと脚を使う必要がある。最低限の「最高速度」は欲しい。

③過去のレースを見る限り連対馬は以下の条件を出来るだけ満たすレースで勝利or重賞2着していることが望ましい。

A.後半3Fに11.5を切るラップがある。

B.テンの1F以外12.6以上のラップがない

C.前半4F48.0以内

D.U型(ワンターン)コースでマイル以上の距離

上記条件を完璧に満たす馬は2頭しかいない!

今回はかなり絞り込んだデータを用意しましたね。で、そのA~Dの条件を満たす馬はどの馬なんですか?

それが今年は2頭しかいない。それが、

3レシステンシア

該当レース:阪神JF:12.2-10.5-11.0-11.8-12.0-11.2-11.5-12.5

18ウイングレイテスト

該当レース:デイリー杯2歳S:12.5-11.0-11.8-12.5-11.9-11.4-11.4-12.0

だよ。

という事はやはりこの2頭が中心と言うことになりそうですか?

そうだね。レシステンシアはいまさら言うことでもないけど阪神JFの勝ちっぷりが強かったし、タイプ的に過去ダイワメジャー産駒でこのレースを制したカレンブラックヒルやメジャーエンブレムと同じようにテンのスピードと耐久力を生かすタイプでこのレースとの相性も良さそう。

今年の3歳牝馬はデアリングタクト、デゼル、そして誰あろうレシステンシアとなかなかレベルが高そうなのも心強い。と言うのもそういう年は牝馬が来ているという傾向もある。例えば、ダイワスカーレットとウオッカがいた年はピンクカメオが穴を開けたし、キョウエイマーチとメジロドーベルがいた世代はシーキングザパールがこのレースを制した。

中間の調整が軽いことが不安要素として話題になっているけど、それを除けば最有力候補であることは間違いないと思うよ。

ウイングレイテストは前走4角で外に振られながら3着まで差をつけたレースは評価できる。

昨日も書いたけど今年の3歳スクリーンヒーロー産駒は重賞馬2頭を筆頭に当たり年と言って良いくらいメンツが豊富。その勢いに乗ってこの馬の好走も期待したいところ。

正直前走については不利があったとはいえ一旦は勝ち馬の前に出る素振りもあったし2着は確保してほしかったと言うのが本音だけど、前日の単勝オッズが20倍台なら穴馬としては十分な魅力があると思うよ。

あとは、「牝馬のレベルが高い」と言う点と、A~Dの条件のうち3つを満たすという理由で5シャインガーネットを加えて、馬券は館山スタイルで勝負したいと思うよ。

◎3レシステンシア

〇18ウイングレイテスト

▲5シャインガーネット

△17サトノインプレッサ

✕14ルフトシュトローム

☆8サクセッション

買い目

馬連(BOX):3,5,18

3連複(フォーメーション):3,5,18-3,5,18-3,5,18,8,14,17

ずばり、自信の度合いはいかほどでしょう。

ぶっちゃけ予想終わっても「これだ!!」ってしっくりくる感覚はないんだよね。まぁ☆☆ってところじゃないかな。

※自信度の目安

☆☆☆…家宝を質に入れてでも買うってくらい自信あり。どーんと大勝負。

☆☆…それなりの自信度。大勝負はしないけど、ちゃんと馬券を買い忘れないようにしたい。

☆…あんまり自信なし。場合によっては撤退(見)も視野に入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です