母が成しえなかったG1獲りへ!打倒ブエナベントゥーラ!!~POG指名馬紹介~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日のブログでは館山さんがプライベート(って書いといて思ったけど「プライベート以外って何や?」)のPOGで指名している、あるいは指名予定の馬を紹介していきます。

何回かに分けて定期的に配信していくのでよろしく!

記念すべき第1回ですが、今回紹介して頂くのはどの馬でしょうか?

今日紹介するのは

ホウオウアマゾン

だよ。

POG指名状況

まとまくPOG…指名済み

JRAVANPOG…指名候補リスト入り

netkeibaPOG…指名候補リスト入り

サラブレPOG…指名候補リスト入り

指名理由

この馬はどうして指名されたんですか?

血統・馬体両方がそれなりに良かったからね。血統面は正直「思い入れ」の要素が強かったけど。

へぇ~、この馬の母は京都牝馬S勝ちのあるヒカルアマランサス、近親には天皇賞春・宝塚記念で2着があるカレンミロティックがいる血統ですね。

お母さんのヒカルアマランサスは俺っちが大好きなアグネスタキオン産駒という事もあって注目して追っていた馬なんだけど、広いコースでノビノビ走った時の末脚はかなりのものだった。

2010年のヴィクトリアマイルはそれまでの追い込み馬の印象を払拭するかのように好位からレースを進め、直線半ばでは馬場の真ん中を力強く抜け出して、あと一歩で勝利という所まで迫ったんだけど、ゴール直前でブエナビスタに差されてクビ差敗れた。G1までもう少しで手が届くところだっただけに当時は本当に悔しかったよ。

とはいえ、当時のブエナビスタは前年の桜花賞、オークスを制し、有馬記念でも1番人気(2着)になったほどの名牝。その馬と良い勝負が出来たんですからポテンシャルは間違いなく高かったんでしょうね。

それをコンスタントに発揮できたわけでもなかったんだけどね(;^ω^)。

馬体面はいかがでしょうか?

俺っちのなかで「キングカメハメハ産駒」のイメージは筋肉質でガチムチッとしたタイプの方が走るイメージなんだけど、この馬はそのイメージに割と近いんだよね。首が若干高いのが気になるけど牧場関係者の「やわらかい走りをする」と言うコメントも気に入って指名したよ。

今年はブエナビスタの子ブエナベントゥーラが、モーリスの初年度産駒という事もあってどのPOGでもそれなりに人気している印象だけど、この馬にはお母さんの借りを返す意味でも「打倒!ブエナベントゥーラ!!」の意気で頑張ってほしいな。

デビューは決まっているんですか?

風の噂によると今週日曜日の阪神1600mでデビューを予定していると聞いているよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です