SEO対策もバッチリのブログ⁉~ホープフルS予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。

このブログでは土曜日、日曜日の競馬を中心に、よく当たる、そして万馬券を中心に高配当を狙える予想をラップタイムを駆使して展開していきたいと思います。

どうしたんですか?急にそんなフリして。

SEO対策だよ。一般的に「競馬 予想」と来たら「当たる」とか「万馬券」とか検索ワードでつけたくなるかなと思ってね。

まぁ、館山さんの予想は「よく当たる」わけでもなければ「万馬券」を頻繁に取ってるわけでもありませんけどね!

やかましわ( `ー´)ノ。言わんでええねん本当のことは!!

それに言うて今年は単勝万馬券を2個(しかもいずれも重賞)当ててるし、そんなに捨てたもんじゃないと思うけどなぁ~。

思うのは自由ですもんね。

さて、アホなこと言ってないでホープフルSの予想に入っていきますよ。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:コントレイル:2.01.4 12.6-11.5-12.4-12.2-12.2-12.1-12.0-12.0-11.912.5(良) 60.9-60.5

2018年:サートゥルナーリア:2.01.6 12.8-12.0-13.0-12.5-12.2-11.8-11.8-12.2-11.5-11.8(良) 62.5-59.1

2017年:タイムフライヤー:2.01.4 12.5-10.8-12.5-11.8-12.0-12.3-12.6-12.811.9-12.2(良) 59.6-60.8

2016年:レイデオロ:2.00.3 12.4-10.9-12.3-12.2-12.512.1-12.3-12.1-12.012.5(良) 60.3-61.0

2015年:ハートレー:2.01.8 12.5-11.5-12.6-12.7-12.812.2-12.2-12.1-11.5-11.7(良) 62.1-59.7

☆傾向

①人気馬を素直に信頼

G1に昇格してからの3年のうち1着~3着を1番人気~3番人気の馬で占めたレースが2度。比較的人気馬の信頼度が高いレース。

②2歳中距離重賞にしては珍しく加速力重視ラップ

2歳の2000mのレースは上級条件になると残り1000mあたりからジワジワとペースが上がるレースが多いのだが、このレースに関しては残り400mからグンとラップが速くなる傾向があり、どちらかと言うと加速力を問われやすいレース。

③比較的緩急のない平坦なラップが多い

過去5年の中で「テンの2F目までを除いたレース中最速ラップと最遅ラップ」の差が1.0秒以内で収まっている年が3年あり、比較的道中の緩急は少ないレース。一定のペースを保って走れる馬が有利。

傾向とは異なるが今年は十分穴が狙えそうなメンバー

傾向でも触れられましたが、ホープフルSはここ2年1番人気~3番人気の馬で決まっています。今年も万馬券は期待しない方が良いのでしょうか?

いや、今年は一昨年のサートゥルナーリアや去年のコントレイルのように「群を抜いて強い」と感じさせる馬は今のところいない。十分穴を狙えると思うよ。

それは期待したいですね。では穴をあける候補になってくるのはどの馬でしょう?

候補は2頭いて、

4ヴィゴーレ

11タイトルホルダー

この2頭は過去のホープフルSの傾向とこれまでの実績が合致するかなと思ってピックアップしたよ。

ホープフルSの傾向ですか?

そうそう。このグラフを見てほしい。

白…2015年ラップ
黒…2016年ラップ
赤…2017年ラップ
青…2018年ラップ
黄色…2019年ラップ

このグラフは過去5年のホープフルS各レースのラップタイム。基本的には大きな緩急のない平坦型か、(テンの2Fまでを除いて)ずっとペースが速くor遅くなり続ける坂道型の2種類。スタート地点からペースが緩んでレース中盤から急激に速くなるような山型ラップはあまり見られなかった。

これを踏まえて今年の有力馬、例えば10ダノンザキッドの過去2勝のラップ構成を見てみる。

白…2歳新馬
黒…東京スポーツ杯2歳S

すると、ダノンザキッドの過去2勝はいずれもスタートから徐々にペースが落ちる気、ある地点から段々とペースが上がっていく山型のラップになっていることがわかる。

もちろんまだ2歳だから、走らせてみたらあっさりクリアすると言う可能性もあるけど、ラップの経験の無さがマイナスに出ないとは限らない。それが人気馬なら尚更そこを「隙」と捉えて付け込む価値は十分にあると思う。

そこへ行くとラップ的似合いそうなのが前述の2頭。

この2頭はいずれも平坦~坂寄りでいずれのラップもテンの2F目までを除く最速ラップと最遅ラップの差が1.0秒以内に収まる緩急のないラップ構成。このレースの傾向と合っている。

個人的にはダノンザキッドやランドオブリバティ、オーソクレースにはまだ去年のコントレイルのような「来年のクラシックはこの馬で決まり」と言い切れるほどの雰囲気はないし、展開さえ向け馬この2頭で十分太刀打ちできると思う。

◎4ヴィゴーレ

〇11タイトルホルダー

11オーソクレース

22ヨーホーレイク

312アドマイヤザーゲ

推奨買い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です