競馬予想~ヴィクトリアマイル~

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

さて、明日は牝馬のマイルG1ヴィクトリアマイルが開催されます。

東京マイル戦の傾向として、僕は以下のことが挙げられるのではないかと考えます。

その1.前傾、後傾にかかわらず上がりは速い→後半に11秒台前半を使って勝てる馬出ないと厳しい。

その2.基本的には緩みのないラップ→道中12秒台が出ないようラップで好走経験がある馬が望ましい。

それをもとに予想を組み立てた結果、以下のような結論になりました。

◎9プリモシーン

この馬は昨年の関屋記念と今年のダービー卿CTでそれぞれ1着、2着と好成績を収めていますが、いずれも、「前半800mが45秒台の厳しいラップ」「後半に11秒台前半のラップが出てくる」という、ラップ的に価値のある内容だったと思います。この2戦で好走できるのであれば、今の東京の高速馬場にも対応できる可能性が高いと見て本命にいたしました。それに、ここは牝馬G1。牡馬相手の重賞で好走歴があるのもプラスです。(あれ、どこかで聞いたような。。。)

〇11アエロリット

昨年の安田記念2着馬。その安田記念はラップ的にもケチはつけられないが。。。いかんせん今回は海外遠征帰り。万全の状態ではないと考え、ここはプリモシーンより下としました。人気もプリモシーンより下と考えたというのも理由の一つなんですが。。。前日オッズではそれほど人気に差はありませんね。であればこちらを◎にするのも一つの手だと思います。

▲12ワントゥワン

◎プリモシーンが勝った関屋記念の2着馬。その時の着差がクビなのでこの馬も自ずと評価が上がる。前走で惨敗し評価を落としていますが、前走は明らかに展開が向きませんでした。前半のペースが上がると考えられる今回は巻き返す可能性も十分に秘めています。

△2レッドオルガ

この馬は東京新聞杯の内容を評価しました。東京のレースも[2/1/2/0]と好相性。ただ、上位3頭と比べると、前半が速くなった時に後半が少し緩む、具体的には11秒台前半を使える距離が短くなるのかなという印象を東京新聞杯のラップから持ちましたので、この評価とさせていただきます。この血統はコンスタントに活躍馬を出すもののG1にはまだ手が届いていません。悲願のG1制覇なるかといったところ。

×6ラッキーライラック

正直、この馬に関してはHペースの東京マイルで上がりに速い脚を使えるという確証がもてないんですよねぇ。力量的にはメンバー中随一のものがあると思いますし、中山記念の内容も強かったのですが、その中山記念の好走が、逆に「小回りをゴリ押しして勝ってしまうレースがあってるんじゃないの」という印象も持ったんですよね。有馬記念を勝った時のダイワスカーレットの様な競馬があっているといいますか。。。なので、適性的には正直東京マイルという舞台はベストじゃない気もします。力的に僕は消せませんでしたが、バッサリ切ってもそれはそれでいいんじゃないかと思います。というか、僕もまだ切ろうかなと考えてるくらいです。

というわけで結論

馬連9流し11,12 3連複フォーメーション9ー11,12ー11,12,2,6

当たるといいなっヾ(@⌒ー⌒@)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です