12/28レース回顧

こんちわ~す。館山速人で~す。

今日は12/28のレース回顧をしていきます。(^-^)

と言っても備忘録に近い形の簡素なものなので、肩の力を抜いてご覧ください。

ホープフルS

1着2コントレイル

「中山だと差し損ねる」「パワーのいる馬場だと不安」といった懸念材料を一蹴するように好位からあっさり抜け出しての勝利。

決してスローと言うわけでもない淀みない流れを先行できたのはそれだけで収穫。

懸念材料が消え、来年のクラシック最有力候補に。

個人的にはディープインパクト最高傑作にもなり得る馬だと思っているので、「三冠」も視野に入ってくる。

2着5ヴェルトライゼンデ

いわゆる「ワンペースのレース」は得意なイメージで皐月賞でも有力。

切れ味勝負になるとコントレイル、サリオス、マイラプソディあたりと比較すると厳しい。ダービーは難しそうだけど、今年のロジャーバローズのような競馬が出来ればワンチャン。

3着7ワーケア

外々回して差し届かずといういかにも「トニービンっぽい」負け方。

出走馬のレベルが上がり、かつ頭数も増える皐月賞では、ある程度前につけるレースを覚えないと厳しい。

そこで人気を落としてダービーでと言いたいところだけど、最近のダービー前有利・内有利だからなぁ~。

4着13ラインバック

4コーナーの手応えを見ると惨敗するようなレース内容だったが、そこから良く踏ん張ったと思う。

血統やこれまでのレースぶりから「切れ味型」だと思っていたけれど、案外スタミナやパワーを生かすタイプなのかもしれない。

その他のレース気になった馬

中山3R 1着13コパノライダー

最後の1F以外の5Fを12.4以内のラップで勝利。中山のダートでこのラップは上々。1勝クラスでも1200m戦ならいきなりから通用しそう。

中山4R 1着16ウインキートス

前半に11秒台が4F続く中山らしい厳しいラップ。

ゴールドシップ産駒でウインの馬といかにも中山向きの印象。イメージとしてはコスモネモシンのようなタイプ。

将来的には中山牝馬Sとかで穴開けそう。

中山5R 2着15ポーラーサン

勝ち馬には水を開けられたが、淀みない流れを早めに仕掛けて2着に粘った内容は評価していい。

東京だとやや不安あるが、中山の未勝利ならそのうち勝てるだろう。

中山5R 6着1バトープラン

淀みない流れで逃げた割に着順程負けていない。

中山かつもっとゆったりしたペースで進めれば一発ある。

中山12R 8着7テンワールドレイナ

今回は苦手のスローペースな上に、他の馬が仕掛けた時に内で身動きが取れず、4角で後方の位置取りになった上に直線無理やり外に出すチグハグな競馬。

力負けでは決してないので引き続き中山マイルなら狙いたい馬。

阪神10R 13着12オウケンドーン

この馬は前走勝ちのラップが11.9-10.5-11.3-12.0-13.0-12.5-12.9で今回のレースが12.6-10.6-11.4-12.1-12.4-12.6-13.3。

どちらも好位で競馬をしているがテンの3Fが速くあとはほぼほぼゴールに近づくにつれて時計がかかっていくラップで明らかに1400mより1200m向きの印象。

京都1200m(もちろんダート)に出てきたら積極的に狙いたい。

楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です