ターゲットはどこだ⁉~中山記念回顧~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。本日のブログは中山記念回顧です。

ダノンキングリーは頭数が増えて馬群を捌けるかどうか

勝ったのは、毎日王冠で鮮やかな差し切りが記憶に新しいダノンキングリーでした。

馬も強かったけど、横山典弘騎手がさすがの騎乗だったね。切れ味が売りの馬をさっと前につけて。俺っちはカンパニーで勝った時を思い出したよ。

好位で競馬が出来た事は今後に向けて収穫になるんじゃないでしょうか。

そうだね。ただG1になると今回みたいに馬群がばらけることは考えづらいし頭数も増えるから馬群を上手く捌けるかがポイントになってくるだろうね。まぁ鞍上がノリさんだからその辺りは心配ないかもしれないけど。

大阪杯に向けてはいかがでしょう?

ベストは東京2000mの天皇賞秋だと思うけど、阪神2000mも悪くないと思う。それでも俺っちは先行できるラッキーライラック、上がりのかかるレースが得意なクノロジェネシス、大外捲りも可能なサートゥルナーリアの方を上にとりたいかな。

そのラッキーライラックの走りについてはいかがでしょうか?

もう少し先行する競馬をしても良かったと思うんだけど、3コーナーから4コーナーの手応えも休み明けのせいか今一つだったね。今日の結果を見てデムーロが「前から競馬しよう」と考えれば大阪杯でも有力だと思うし、後ろから競馬をしてもスワーヴリチャードのようにスローと見たら一気にペースを上げる競馬をしてもチャンスはあると思う。

ただ、「脚をできる限り溜めて直線勝負にかけよう」と考えたら正直切れ味では劣ると思うから嫌だなと思った。

ソウルスターリングは良く走っているが……。

3着にはこれが引退レースとされていたソウルスターリングが入りました。

正直、馬体重が+18キロと発表されたとき「あっ、これはソウルスターリングだけは絶対にないやつや」と思ったんだけどねぇ~。

あらま、それはまたどうして?

引退(繁殖入り)が決まっている牝馬の引退レースで馬にあまり無理をさせない藤沢和雄厩舎所属、そのうえ18キロ像の余裕残しの仕上げを考えると「あぁ、これは『メイチで仕上げる』よりも『ケガせず周ってくる』を優先した仕上げなんだろうなぁ」と思った。だから勝負気配が薄いと判断したんだよ。

ところがどっこいレースになると淀みない流れで逃げるマルターズアポジーを早めに捕まえに行き3着を確保するという去年のラッキーライラックのような濃い中身の競馬。俺っちがサンデー〇ーニングの〇本さんだったら「あっぱれ!」をあげたいレースだったね。

陣営はこの走りを見てもう1戦する可能性も示唆したそうですが……。

出てくるのが大阪杯だったら面白いんだけどね。

中山牝馬Sなら中1週になるし、ハンデも背負わされる可能性が高い。今更G3を勝ったところで(一口馬主の)会員さんは喜ぶだろうけど繁殖牝馬としての価値がそう上がるわけではないだろう。ケガのリスクを考えたら(中山牝馬Sを選ぶくらいだったら)引退で良いと思うよ。馬券的妙味もアレだし……。

何か最後の打ち消しのところに本音が出ている気がしますが……。

インディチャンプ、ウインブライトの敗因は?

一方で、昨年の春秋マイルG1を制したインディチャンプ、中山記念3連覇を目指したウインブライトはそれぞれ4着、7着と敗れてしまいました。

インディチャンプは内枠なのに好位を取りに行かなかった福永騎手の騎乗が物議をかもしてるけれど、個人的には最後の直線もラッキーライラックに伸び負けているし、騎乗よりも太め残り、もしくはコーナー4つのO型コースが合わなかったのが敗因と見るよ。

ウインブライトに関しては、中山巧者として知られるけど、よく見ると未勝利戦以外は勝ったレース全部前走からの間隔が大体2か月以内なんだよね。そりゃあ4日程度オーバーしてるレースもあるけど。

去年のオールカマーも惨敗していることから考えるともしかしたら休み明けがダメなタイプなのかもしれないね。

まとめ

1着 ダノンキングリー

◆好位から競馬できたのは収穫。とは言え、今回は少頭数。馬群もばらけてレースがしやすかったことは確か。

◆基本的には広いコース向き。ベストなG1は東京2000mの天皇賞秋。

◆大阪杯は頭数が増えて、出走馬のレベルが上がり馬群が凝縮する形になっても今日のような競馬が出来るかがポイント。

2着 ラッキーライラック

◆3コーナーから4コーナーにかけての手応えは今一歩に見えたが、最後伸びてきているので前哨戦としては悪くないレース。

◆ただ、個人的には大阪杯を見据えるならばもう少し前で競馬してほしかった。大阪杯では去年のアルアインのような競馬をすればチャンスは大いにある。

3着 ソウルスターリング

◆淀みない流れを自分から逃げ馬を追いかけて3着と言う非常に濃い内容でこれが引退レースとは思えない、勿体なさを感じさせるレース。

◆(クラブの規定上ムリだろうが)大阪杯に出て来てくれたら一発あってもおかしくないレース。

◆ただ、無理に中山牝馬Sには出なくても良いんじゃ……。

4着 インディチャンプ

◆太め残り。直線での伸びもラッキーライラックと比べてもう一息だったことを考えると出来が本調子ではなかったか。

◆O型コースよりワンターンのU型コースの方があっているのは確かだと思う。

7着 ウインブライト

◆見せ場すら作れない敗戦。ひょっとして休み明けは走らないのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です