今年の夏も○○軍団!!~中京記念予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の阪神メインはサマーマイルシリーズの2戦目中京記念です。

阪神競馬場での中京記念って何か不思議な感じがするね。

まぁ、中京記念と言う名前ですから当然のごとく例年は中京競馬場で行われますからね。例年のデータが生かせないとなると予想も難しくなるのでは?

本来ならそうだろうね。でも、今年に関しては「サマーマイルシリーズはこの馬と心中する」と心に決めた馬が1頭いるから、その馬の単複を中心に考えているよ。

その馬とはズバリどの馬ですか?

18エントシャイデン

がその馬だよ。

エントシャイデンと心中しようと思った理由は?

去年の夏を思い出してほしいんだけど、2019年の夏競馬で俺っちが「この馬強くなったな」と感じたのはカデナとスカーレットカラーの2頭なんだよね。

それまでの2頭は、カデナはオープンでは完全に頭打ちになっていたし、スカーレットカラーは準オープンも勝てていなかった。

でも去年の夏を境に、カデナは福島民報杯3着の後、巴賞3着、小倉記念2着、新潟記念3着と結果を残し、今年に入ると小倉大賞典を勝って大阪杯でも4着と好走。スカーレットカラーはパールSで準オープンを卒業すると、マーメイドS3着、クイーンS2着、府中牝馬S1着とコンスタントに結果を残した。どちらも「夏に一皮むけた」と言う印象が強い馬だよ。

そしてどちらもノースヒルズの馬ですね。

そう。今年に入ってコントレイルを筆頭にディープボンド、コルテジアとクラシックに有力馬を続々と送り出したり、躍進著しいノーズヒルズ軍団だけど、その勢いは去年の夏から始まっていたように思う。そしてこれは「育成力」のたまものなのかなと感じるんだよ。

育成力ですか?

うん。カデナもスカーレットカラーも比較的早い段階から重賞で活躍してたんだけど、どちらもただ単に「仕上がりの早い馬」にとどまらず、古馬になってグンと成長してきたのは育成の段階でしっかり基礎的なことが出来ていたからと思うんだ。

それこそがノースヒルズの力だと。

そういう事。で、このエントシャイデンもこぶし賞でパクスアメリカーナ、ケイアイノーテックと良い勝負をしているし、このレースは前半4F45.9と言うハイペース。それを前々で競馬して踏ん張ったレースぶりも評価できる。

3歳秋から4歳春にかけて3連勝して一時「本格化か」と思わせたものの、オープンでは結果が残せずに1年以上経った。

しかし、六甲S以降、重賞の京王杯SC以外を除きすべて馬券圏内に入る活躍ぶり。この上昇カーブの描き方はカデナ、スカーレットカラーと瓜二つ。今年の「ノースヒルズ夏の上がり馬枠」はこの馬だと思う。基本はこの馬の単複で勝負したいな。

「基本は」と言う事は他にも気になる馬がいるんですか?

宝塚記念以降の阪神芝は長梅雨の影響かずっとやや水分を含んだパワー型の馬場を維持している。その影響か基本的に「逃げ有利」「加速力より耐久力のある馬が有利」と言う傾向がみられる。

そうなると警戒すべきは

4トロワゼトワル

この馬は京成杯AHを日本レコードで逃げ切っていて一見スピード馬場の方がよさそうにも見えるけど、レースぶりを見る限り「ハイペースで逃げて後続になし崩し的に脚を使わせることで自分を有利にする」という消耗戦どんとこいの競馬をしてるんだよね。だから今の馬場にはフィットするレースができる馬だと思うし、警戒が必要な1頭だよ。

◎18エントシャイデン

〇4トロワゼトワル

買い目

単勝・複勝:18

馬連・ワイド:4-18

自信度☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です