シンクロ率100%⁉~京成杯予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。

うぇ~ん(´;ω;`)。

どうしたんですか。また気持ち悪い泣き方して。

気持ち悪いとは失礼な( `ー´)ノ。いやね、昨今のコロナの影響で観たいと思っていた「シン・エヴァンゲリオン」の公開が延期になっちゃったんだよ。せっかくの完結編だから楽しみにしてたのに……(ノД`)・゜・。

館山さんってエヴァ好きでしたっけ?

いや、ここまできたらオチだけ知りたいってタイプ。

それでそこまで落ち込みますか……。でもエヴァと言えばコアなファンもたくさんいる作品ですから残念に思う人も多いでしょうね。

こればっかりは仕方ないからね。早く疫病が去ってくれることを祈るよ。

さて、湿っぽい話はこれまでにして、京成杯の予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:クリスタルブラック:2.02.1 12.6-11.4-13.012.0-12.5-12.2-12.2-11.811.8-12.6(稍重) 61.5-60.6

2019年:ラストドラフト:2.01.2 12.8-10.9-12.5-12.0-12.9-13.011.8-11.8-11.4-12.1(良) 61.1-60.1

2018年:ジェネラーレウーノ:2.01.2 12.5-10.7-12.2-11.812.5-12.4-12.1-12.5-12.3-12.2(良) 59.7-61.5

2017年:コマノインパルス:2.02.5 12.6-11.2-13.112.112.6-12.2-12.4-12.2-12.0-12.1(良) 61.6-60.9

2016年:プロフェット:2.01.4 12.7-10.8-13.1-12.4-12.8-12.0-11.9-11.7-11.8-12.2(良) 61.8-59.6

☆傾向

①じわじわとペースが上がるロングスパート戦

過去5年のラップタイムを見ると3年でテンの3F目が最遅ハロンタイム。1コーナーの入りでペースが落ち着く傾向で後傾ラップになりやすい。ただし、直線の上がり勝負と言う事は少なく、残り1200m地点(2コーナー出口付近)からジワジワとペースが上がるロングスパート戦になりやすい。加速力より持続力に長けた馬を狙うが吉。

②スピードとパワーのバランスが重要。どちらかに特化した馬は減点。

テンの3F目がラスト3F目、2F目より速くなった前傾の2018年を除くと、ラスト4Fはほぼ11秒台後半~12秒台前半で構成されており、スピードとパワーの両方がバランスよく必要になってくるラップと言えるだろう。

極端に速い上がりで勝ってきたスピード特化型、もしくは極端に上がりのかかる馬場で勝ってきたパワー特化型には苦しいレースになりそう。

③ロベルトの血が強い。

ロベルト系を含む馬と相性が良いレース。過去5年の連対馬10頭のうち6頭が「3代以内にロベルト直系の馬がいる」と言う条件に当てはまった。

④内枠有利⁉

過去5年連続で馬番が1、または2の馬が馬券圏内に入っており、同コースで行われる中山金杯と同様内枠有利の傾向。

本命は京成杯の適性にピッタリ合致するあの馬!!

では早速本命馬から教えてください。

1戦1勝とキャリアは浅いけど

2タイソウ

を狙う。この馬は「京成杯を勝つために生まれてきたんじゃないか?」と思わせるくらいこのレースに適性がピッタリとあてはまる馬だと思う。

「ダービーを勝つために~」なら聞くことはありますが、「京成杯を勝つために~」ってスケール小さくないですか?

それくらい適性があるって言う事だよ。

それはどういったところでしょう?

ラップ・血統・枠順の3つだね。

まずラップ構成。☆傾向のところでも述べたように京成杯は「ロングスパートの持続力勝負」の色合いが強いレースなんだけどタイソウの新馬戦はラップが 13.1-11.7-13.6-13.8-13.3-12.8-12.5-11.9-11.6-11.4 と残り1400mからジワジワと加速するレースで京成杯のイメージに近い。坂のある阪神でラスト2F加速しているのも好印象。

次に血統。これも☆傾向のところにある通り、ここ5年ロベルト系を持つ馬がコンスタントに連対している。ロベルト系はサンデーサイレンスやディープインパクトは瞬間的な加速力・反応の良さや最高速に劣るけど、段階的にギアを上げていくような持続力勝負なら彼らに勝る。ラップ的に言うと同じ「1000m60秒」でも 13.5-13.5-11.0-11.0-11.0 みたいなラップだときついけど 12.5-12.2-12.0-11.8-11.5 みたいなラップだと来れるイメージ。京成杯のラップは後者に近くこの血統には合っているのだと思う。

最後に枠順。これはおまけみたいなものだけど、ここ5年たて続けに馬券圏内に入っている馬番1or2と言うのもこの馬にとって大きな後押しになる。

タイソウと京成杯のシンクロ率は100%に近く、エヴァを自由自在に動かせるレベルだよ。

いや、エヴァンゲリオン関係ないやろ( `ー´)ノ。

気になる馬はもう1頭。こちらもなかなかのシンクロ率。

他に気になる馬はいますか?

良さそうだと思ったのは、

12ディクテイター

この馬の未勝利勝ちのラップも 12.8-11.1-13.3-12.8-12.3-12.3-12.1-11.6-11.6-12.2 とテンの3F目から徐々にペースが上がるロングスパートレースで持続力は高い。タイソウが上がり以外は極端に遅いペースだったのに比べてこの馬は残り1200m地点から12秒台前半が出てくるのも好感が持てる。

血統的に見てもロベルト系は入っていないものの父のルーラーシップは産駒の平地重賞勝利15勝のうち「O型(コーナーを4回周る)コースの芝1800m~2200m」と言う条件で9勝をあげており、京成杯のような条件は得意。また母系を遡るとバレークイーンに行きつく血統でこの血統からは皐月賞馬のアンライバルドや2001年の京成杯勝ち馬ボーンキングが出ているように中山2000mとは相性が良い血統。

タイソウほどではないけれど、この馬もエヴァンゲリオンが言う事聞くくらいはシンクロ率が高いと思うよ。

だからエヴァンゲリオン関係ないやろ( `ー´)ノ。と言うかエヴァンゲリオンの「シンクロ率」って何か分かってるんですか?

実のところよくわかってないよ。

やっぱり………。

◎2タイソウ

〇12ディクテイター

△4タケルジャック

△5ヴァイスメテオール

△7エイカイファントム

推奨買い目

自信度…☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です