【競馬予想】この馬がこんな人気で良いんですか?【紫苑S】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
今回のブログでは土曜日の中山メイン紫苑Sを予想していきます。

紫苑と言えば、大学時代の同級生だったシオンって言う子、元気にしてるかなぁ~。

大学時代の友達ってなんかいいですよね。

最近コロナ禍で会えてないからね。
久しぶりに大学時代の友達と会いたいもんだよ。

先週話した旅行もそうですけど、コロナ禍で楽しみが減っちゃいましたもんね。

あぁ、早くコロナ禍収束してほしい!!

速人さんの馬券は当たんなくても良いですから!

いや、それは当たってもらわんと困る………。

過去5年勝ち時計&ラップタイム

過去5年の紫苑Sの傾向を見ると残り1000mからペースが上がってそこからのロングスパートが要求されるレースが多い。ラスト4Fのハロンタイムの平均はいずれも11.5~11.9の間で典型的な「長く良い脚を使う馬」に向くレースと言える。

ここ2年はルーラーシップ産駒が3連対と好調ですね。

いかにもって感じだよね。
ルーラーシップの母の父はトニービン。トニービンの血を持つ馬はこういう「11秒台後半が4F以上続くような持続力戦」にはめっぽう強い。このレースでは積極的に狙うべき血統だね。

ジワジワとペースが上がる持続力勝負が得意なトニービンの血を持つ馬。
そうなると本命は
18プレミアエンブレム
しかいない!!

プレミアエンブレムは東京で未勝利を勝った時のラップタイムが
13.4-12.0-11.8-12.1-12.8-12.1-11.8-11.5-11.2-11.8
と残り1000mからペースが上がりラスト4F11秒台と言う紫苑Sと酷似した構成。前走は函館芝1800mで3馬身差の快勝をおさめ、小回りコースの適性も示している。
ルーラーシップ産駒でこのレースとの相性もバッチリだし、適性もある。
勝ち切れなさも残るタイプだけに「頭鉄板」とは言いにくいところはあるんだけど、3着以内に入る確率は高いと見ているよ。

このブログを書いているのは前日、と言うか当日の夜中12時半くらいですが、単勝は20倍、複勝は3倍前後つきますね。

その人気は妙味があり過ぎるね。
それなら複勝で大勝負!!

とは言わないまでも小勝負くらいはしても良いかもしれない。ぶっちゃけ、複勝圏内はほぼ間違いないと思っているよ。

逆に
4エクランドール
みたいな馬は正直買いたくない。
2戦とも残り600mから急激にペースが上がる典型的な加速力と最高速比べ。持続力勝負になりやすい紫苑Sとは適性が合致しない。
典型的な危険な人気馬だと思うよ。

そう言うと普通にエクランドールが勝っちゃうのが速人さんクオリティーですけどね。

やかましわ( `ー´)ノ。
まぁエクランドールに関してはフィエールマンの全妹だし持続力を備えている可能性は十分にある。過去の実績では持続力が測れないと言うだけだから勝ってもおかしくはないと思う。

それでもプレミアエンブレムの3着以内。
これは固い。
このレースを獲って日曜日の重賞に弾みをつけたいところだね。

◎18プレミアエンブレム

〇14ホウオウイクセル

▲13ハギノピリナ

△1スルーセブンシーズ

△3ミスフィガロ

推奨買い目

複勝:18 5000円

ワイド(流し):18-13,14 各500円

3連複(1頭軸流し):18-1,3,13,14 各100円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です