館山速人億万長者への道その①~ファルコンS予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。

ふっふっふっ。( ̄ー ̄)ニヤリ

何なんですか。その気持ちの悪い笑いは。

気持ちの悪いとは失礼な!(# ゚Д゚)

いやね、今週は重賞が4つ組まれているけど、そのうちファルコンS、中山牝馬S、フィリーズレビューは狙っている馬が結構な人気薄で、「週末には億万長者になれる」と思うとニヤケが止まらなくてね。

………。捕らぬ狸の皮算用にならなきゃいいけど。では、その「億万長者チャレンジ」の第1弾、ファルコンSの予想からお願いします。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ハッピーアワー:1.20.9 12.0-10.8-11.4-11.7-11.5-11.6-11.9(良) 34.2-35.0

2018年:ミスターメロディ:1.22.1 12.4-11.1-11.4-11.7-11.8-11.7-12.0(良) 34.9-35.5

2017年:コウソクストレート:1.21.1 12.0-10.8-11.2-11.8-12.1-11.4-11.8(良) 34.0-35.3

2016年:トウショウドラフタ:1.25.0 11.9-10.5-10.9-12.0-13.1-13.0-13.6(不良) 33.3-39.7

2015年:タガノアザガル:1.22.9 12.0-11.0-11.4-11.6-12.0-12.1-12.8(稍重) 34.4-36.9

※見方…年度:勝ち馬:勝ちタイム ラップタイム(馬場) 前半3F‐後半3F

☆傾向

①過去5年馬場が悪くなった年も含め、全ての年で最初の2Fと3Fが11.5を切っており、短距離のペースに対応できる「テンのダッシュ力」が必要になってくる。

②逆に後半3Fのラップで1Fのラップが11.5を切ったのはコウソクストレートが勝った年の11.4しかなく、後半に脚を残せない消耗戦の色合いが強い。ゆえに、「耐久力」を問われるレースになることが多い。

③「テンからガンガン飛ばす消耗戦」と言うアメリカンスタイルのレースが多いためかここ2年はアメリカ血統の代表であるストームキャットを血統内に有する馬でワンツー決着となっている。

甲乙つけ難い2頭の穴馬

では、その傾向を踏まえて館山さんの本命馬を教えてください。

うーん。実はまだ2頭で迷っていて、今回は馬連1点、3連複2頭軸で勝負してみようと思ってるんだよ。だから本命馬は2頭発表するね。

分かりました。ではまず1頭目をお願いします。

1頭目は

8レッドライデン

だよ。

この馬の未勝利勝ちは東京のマイル戦でラップタイムが12.6-10.6-11.3-11.7-12.3-12.0-11.9-12.0、前半4Fと後半4Fのラップが46.2-48.2とこの時期の2歳未勝利戦としてはかなり前傾ラップで淀みない流れと言えるレースだった。

そのレースをレッドライデンは持って行かれるほどの手応えで好位につけると直線内をついて鋭く抜け出して、ゴール手前は流す余裕を見せる完勝。ハイペースでも苦労せずる「テンのダッシュ力」と、それでいて終いの脚も伸ばせる「耐久力」を見せつける勝利だった。

その後3戦は後傾ラップだったり、後半に11秒台前半が出てくるような切れ味を問われる展開・馬場だったりで力を出し切れていないけど、耐久力勝負になりやすいこのレースならその力を存分に発揮することが可能になると思う。

また未勝利戦はハイペースにもかかわらず、それでも前半は鞍上のスミヨン騎手が持って行かれそうになるくらいの手応えで先行していた。これは基礎的なスピードの高さと前向きな気性を有する証左で、距離短縮はプラスになる可能性の方が高い。

もう1頭は

7ゼンノジャスタ

この馬は前走でラウダシオンから3馬身以上差をつけられており「勝負付けは済んだ」と考える人もいるかもしれないが、そうじゃない。

前走のクロッカスSのラップを見ると、12.5-11.2-11.7-12.3-11.3-11.0-11.2と明らかにスローの上がり勝負で、逃げたラウダシオンには展開が向いた面もあるし、それ以上に過去のファルコンSの傾向、雨が予想される土曜の中京の馬場を考えると、こういう「切れ味を問われるレース」の結果を今回のレースの参考とするには根拠が弱いと言える。

それを踏まえてゼンノジャスタが2勝目をあげた1勝クラスのレースを見てみると、ラップが12.3-11.2-11.4-11.6-11.6-11.8-11.7と「前半2F目と3F目が11秒台前半」で「上がり3Fに11秒台前半がない」「前傾ラップ」と過去のファルコンSの傾向に合致するラップを刻んでいる。

前半の速いペースに対応できるテンのダッシュ力と11秒台を6F続けられる耐久力で素質馬モーベットを完封したこのレースの価値は高いと思うし、上がりのかかるレースになればラウダシオンを逆転できる可能性は十二分にある。

という事で、この2頭を中心に馬券は組み立てていきたいと思う。

相手はどのような馬を選ばれたんですか?

ハイペースでかつ上がりのかかる競馬で実績がある馬を大前提として、その中でも1400m以上の距離実績がある馬を厚めに買うように選んだよ。

◎8レッドライデン

〇7ゼンノジャスタ

▲18ペコリーノロマーノ

△13ビアンフェ

✕10ラウダシオン

✕12デンタルバルーン

✕15テーオーマルクス

買い目

単勝:7,8

馬連(フォーメーション):7,8-7,8,13,18

ワイド:7-8

3連複:(2頭軸流し)7,8-13,18,10,12,15 13,18-7,8

3連単(フォーメーション):7,8→7,8→13,18,10,12,15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です