競馬予想~札幌2歳S~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。

その馬が示したラップを評価するべきか、過去の傾向に沿った馬を選ぶべきか、それが問題だ。

急にシェイクスピアみたいなこと言ってどうしたんですか?今更どう頑張っても文学青年には見えませんよ。

やかましわ!いやね、札幌2歳Sの予想をしているんだけど、新馬、未勝利勝ちのラップの優秀さを重視するか、過去の傾向にあったラップを重視するかで迷っていてね。

ふ~ん。でどっちか決まったんですか?

そうだね………。今回は新馬未勝利勝ちのラップの優秀さを重視する方向で行くよ。正直、過去の傾向は薄いというか、そんなに傾向がはっきり出ているわけではないからね。

わかりました。では、早速予想に入っていきましょう。

◎10ゴルコンダ

〇1ダーリントンホール

▲9ディアセオリー

△4ヨハネスボーイ

予想の根拠

その4頭は新馬、未勝利ないしクローバー賞のラップからということでしょうか?

上位3頭はそうだけど、ヨハネスボーイに関しては過去の傾向の方が大きいかな。

では、3頭はラップタイムが優秀だと。

うん。基本的に北海道開催って洋芝で時計がかか上に、2歳の新馬未勝利だとスローになりやすいからどうしても13秒台のラップが何ハロンか入ってくるラップが多いんだ。

そんな中、ゴルコンダはレコードもそうなんだけどラップが、

12.5-11.5-11.9-11.7-12.0-12.2-12.4-11.7-12.4

と12秒台後半すらない優秀な持続型ラップ。このレコードは額面通りに受け取って構わないと思うよ。

また、ダーリントンホールは時計こそゴルコンダに劣るけれど、

13.2-12.2-12.4-12.4-11.9-12.1-12.5-11.5-11.6

と12秒台後半が最初の1Fを除くと1ハロンしかないし、こちらも優秀。後半2Fは11.5-11.6でまとめていることから、ギアが上がった時のスピードはこちらの方が上かもしれないね。

その2頭は将来性もあるということですか?

そうだね。北海道の1800mを2歳の内に好タイムで勝った馬はゴールドシップやレインボーライン、ルルーシュなど長距離寄りで活躍する馬が多いからこの2頭もステイヤーとして期待したいね。

3番手に挙げられたディアセオリーはどうでしょう。

この馬は全体的なラップは平凡だけど、ラスト4Fを全て11秒台で勝っている点を評価したよ。

やはり4F11秒台だと違いますか?

3F11秒台より確実に出せる馬の数はグッと絞れるからね。ただ、本音を言うと福島よりも京都、阪神、東京あたりで出していると価値はさらに上がるイメージかな。

なるほど。それはその開催が始まるまで覚えておいた方が良さそうですね。

ヨハネスボーイに関してはどうなんですか?この馬は過去の傾向を踏まえてのチョイスと言うことでしたが?

札幌2歳Sの過去の連対馬を見ると、

  • 4F以上12秒台前半のラップ持続がある。
  • ラスト3Fの中に11秒台前半がある。
  • ゴール前のラップが減速なしor加速ラップ。

という傾向がある…だけど、正直母数が多すぎて当てになるとは言い難いんだ。

でも、この内2つを満たしていると数はある程度絞れる。ヨハネスボーイは前走のクローバー賞で

7.0-11.7-12.3-12.4-12.4-12.0-11.9-11.9

と上記3つのうち2つを満たしている。レースの内容も最後良く差を詰めている見所ある内容だったと思うよ。

ちょっと待ってください。2つを満たしているというならサトノゴールドも2つ満たしていないですか?

そうだね。確かにサトノゴールドの新馬戦は、

13.3-13.0-13.7-13.8-12.9-12.3-11.9-11.2-12.0

と確かに2つ満たしてるんだけど、いかんせん前半が遅すぎるし、ラスト1Fが12.0に落ちているのも気になる。個人的にはラップとしてあまり評価できないかなと思っているよ。

では、サトノゴールドの将来性は今一つということでしょうか?

いや、それは違う。ラップとか時計ってあくまでも目安の一つだし、活躍するための「十分条件」にはなり得ても、「必要条件」にはならないと思ってるよ。だから「満足いくラップがない」からと言って将来性を判断するのは早計だよ。

そうなんですね。

買い目

では買い目を教えてください。

馬連BOX10,1,9と3連複BOX10,1,9,4の計7点だよ。ただ、馬連の1-10はオッズつかないだろうし厚めに買うか絞るかはしないといけないかもね。

今日のアフィリエイト

何ですか?このコーナー。

アフィリエイトの広告収入が全くないからここでアフィリエイト広告で貼り付けるものの宣伝をするんだよ。

露骨に阿漕な真似をしますね。

まぁ、いいじゃん。早速だけど今日紹介するのは「ツキの法則」という本だよ。

ギャンブル関係の本ですか?

そうだね。コンセプトとしては「ギャンブルを長く楽しむ為にはどんな賭け方をすればいいか」ということを、現在は大阪商業大学の学長をされている谷岡一郎氏が科学的根拠をもとに具体的に説明している本だよ。俺っちの競馬の賭け方の原点にもなっている本だよ。読み物として面白い仕上がりになっているから是非。

へぇ~。そうなんですね。馬券の買い方についてもアドバイスしてあるんですね。具体的にどんなことが書いてあるんですか?

え~っとねぇ~……、確か………、え~っと…………、

それは各自本を購入して確認してみてよ。

忘れとるやないか~い。( `ー´)ノ

↓↓↓↓↓購入したい人はここをクリック↓↓↓↓↓

ツキの法則 「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書) [ 谷岡一郎 ]価格:712円
(2019/8/30 20:38時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です