エキスパート仕様でスプリント路線の主役に⁉~函館スプリントステークス回顧~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。函館スプリントステークスは「ハイペース経験が無い」という理由で軽視したダイアトニックがそれをあざ笑うかのような見事な勝利を決めましたね。

ぐうの音も出ないほど負けちゃったね。これはしっかりと振り返っていかないと。

時計&ラップタイム

勝ちタイム:1.07.5 ラップタイム:12.0-10.4-11.0-11.2-11.1-11.8 前半3F-後半3F:33.4-34.1

予想

ハイペースに対応できたダイアトニックはG1でも有力

今回のダイアトニックの完勝。要因としては、①ペースがそれほど速くならず、ハイペース経験のないダイアトニックでも対応できる流れになった。②館山さんの予想に反し、ダイアトニックがハイペースでも難なくこなしてしまった。のどちらでしょう?

このレースの前半3F33.4は決してゆったりした流れではないから②の方だろうね。ぶっちゃけスタート直後にダイアトニックが苦もなく先手を取って、なんなら行きたがるそぶりを見せた時は、レースの3分の1も終わったくらいで「あっ、やられた」って思っちゃったもんね。

そんなに早くですか?

それくらい手ごたえが良かったからね。これまでゆったりした流れで結果を残してきたけれど、実はこれくらいのペースの方があっているのかもしれないね。

これまでのこの馬のローテを見るとマイルCSとか京都金杯とか使っててマイル路線に色気を持っていると言ったらいいのか、純粋なスプリンターにしたくないという意図を感じると言ったらいいのか、「道中いかにセーブして走らせるか」に重きを置いているイメージがあった。

でも、今回は「もう俺にはスプリントしかない」と言わんばかりに最低限の折り合いも気にしながら”スプリントのペースに乗る”競馬をしてきた。それでこの勝ち方が出来たわけだから潜在的なスプリント適性はかなり高いと思うんだよね。

秋は多分スプリンターズSを目標にすると思うんだけど、ここでも期待して良い……、と言うより俺っち的には現時点ではこの馬を本命にするつもり。少なくとも「サラブレ」の「秋のG1予想コンテスト」では、スプリンターズSの指名馬ダイアトニックで応募すると思う。それくらい強い勝ち方だった。

函館の芝は例年よりも高速馬場

2着には逃げた10番人気のダイメイフジが残りました。

ダイアトニックには捕まったけど、最後まで止まる気配が微塵もなかったね。

例年函館スプリントステークスは残り600m~400m地点でガクッとペースが落ちることが多いんだけど今年は上のラップタイムを見てもわかる通り、ラップの落ちが少なかった。パワーよりもスピード優先の馬場になってることが影響してると思うんだよね。

この馬場が来年以降も続くかわからないけれど、来週以降の函館競馬を考えると重要になってくると思うよ。

まとめ

1着 ダイアトニック

◆初めてと言っていいハイペースにも対応し、スプリンター仕様になってきた印象。

◆テンよし、中よし、終いよしの完璧なレースで高いスプリンターとしての資質を示した。

◆スプリンターズSの本命候補。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です