現在1月の単勝回収率200%超え!今日は大量8頭を推奨で勝負の日だ!!~1/31おすすめ馬紹介~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日はおすすめ馬紹介のブログですが、タイトルえらい煽ってますね。
本当にこんな回収率高いんですか?

さすがにそこで嘘はつかないよ。
ただ、ちょっと計算で細工はしたけどね。

細工しとんのかい( `ー´)ノ。

いやいや、単純に自信度別に賭け金を変えた方が正確な数字が分かると思って自信度☆☆☆~☆の賭け金を3:2:1の配分にしただけだよ。
まぁ、ぶっちゃけほぼほぼ若潮Sのカラテのおかげなんだけどね。

とは言え、この数字は誇っていいのではないでしょうか。
細工も合理性はありますし……。
少なくても1月はこの数字をキープしたいですね。

いや、今週の日曜日は俺っちの推し馬が大挙出走するから、さらに回収率を高めるために勝負をかけたい。
だから紹介する馬も8頭と大量だ。

強気ですねぇ~。
その強気が裏目に出なければ良いですけど……。

1/31おすすめ馬

自信度…☆☆☆

中京9R 刈谷特別 8ノルカソルカ

☚この馬のここがスゴイ…過去中京マイル戦は【2/2/0/0】と好相性。ジワジワとペースが上がるこのコースに合っている印象。前走より大幅に楽になった今回のメンバーなら負けられない。

この馬は前走でも推奨されて2着でしたね。
確か「中京マイルの『じわじわペースが上がるレース』がこの馬には合っている」と言う事でした。
↓↓↓以下リンク参照↓↓↓
今日はバランス良く~1/17おすすめ馬紹介~

そうそう。実際中京マイルで【2/2/0/0】と好相性。
その時はハナ差の2着に敗れたものの前走のメンバーはエアロロノアやチュウワノキセキと言った強敵ぞろいだった。
そんな中、明らかにこのクラスで最上位の力を持つチュウワノキセキに3馬身以上の差をつけたのは評価できる内容。

今回のメンバーはこのクラスで複数回馬券に絡んだ馬が1パルマリアのみと前走に比べるとメンバーの勢いは格段に落ちる。
惜敗続きだけどそろそろ勝利をものにできると思うよ。

東京10R 節分S 11テルツェット

☚この馬のここがスゴイ…ここ2走最速上がりを使っている切れ味は間違いなく重賞でも通用するレベル。ここを勝ってヴィクトリアマイルの惑星に浮上してほしい逸材。

テルツェットは前走で上記のノルカソルカに勝った馬。
新潟の1勝クラスを勝った時から館山さんは「重賞級」とプッシュしてましたよね。
↓↓↓以下のリンク参照↓↓↓
小倉の芝は「能力」ではなく「適性」で時計が出る馬場~先週の競馬振り返り~

そうそう。
プッシュしてる要素がどこかはリンク先を見てほしいんだけど、端的に言えば「多少の荒れ馬場でも劣らない極上の切れ味」を持っていると言う事。
それは前走でもスローとはいえ上がり4F45.5を差し切った内容は評価すべき内容だった。

個人的にはヴィクトリアマイルの惑星に浮上してもおかしくない逸材だと思っているし、ここはスンナリ勝って重賞、G1へと駒を進めてほしいね。

自信度…☆☆

東京9R セントポーリア賞 1ヴェルトハイム

☚この馬のここがスゴイ…前走の敗因が分からないのが不安だが、阪神の坂を11.0-11.2で駆け上がる脚力は只者ではない。巻き返して再びクラシック路線に乗ってくるはず!

ヴェルトハイムも前走でおすすめ馬として指名されていましたよね。
結果は無残なシンガリ負けでしたが……。
↓↓↓以下リンク参照↓↓↓
来年のオークス馬が登場⁉~12/12おすすめ馬紹介~

う~ん。正直あんな馬じゃないと思うんだけどねぇ~。
これは前走時も言ったけど、いくらスローで馬場が良かったとはいえ2歳戦で阪神の坂を11.0-11.2で駆けあがってくるのは相当なポテンシャルがないと出来ない離れ業。
リンク先を見てもらえれば分かるけど「阪神芝のデビュー戦で上がり2Fのレースラップ22秒前半で駆け抜けた馬」はディープインパクトをはじめG1馬ぞろいだしね。

もしかしたら完成はまだ先なのかもしれないけど、こんなところで躓いてもらっては困るポテンシャルを持った馬。
ここはもう一度プッシュしたい。

そういう割に自信度☆☆と控えめな評価になっていますが……。

さすがに前走の負けがショックだったのと、ここには新馬戦の勝ちタイムが速く内容も優秀だった3グレートマジシャンも出てくるから確勝とは言えないと思った。
↓↓↓以下リンク参照↓↓↓
特殊な馬場は覚えとけ~10/31,11/1振り返り~

逆に言えば、この2頭の馬連・ワイドとか、この2頭を軸にした3連複なら結構な自信はあるよ。

中京10R 美濃S 3ヒートオンビート

☚この馬のここがスゴイ…2勝クラスは強敵とやりあっての勝利。ここ2戦は勝ちあぐねているが内容的には悪くなく、今回はしっかりと決めてくれる!

この馬は正直自信度☆☆☆でも良いんだけど………、
個人的な馬券事情もあって☆☆にした。

何ですか「個人的な馬券事情」って。
この馬は去年「日経新春杯を勝つ」と高らかに宣言されていた馬ですよね。
実際は出走すら叶いませんでしたが……。
↓↓↓以下リンク参照↓↓↓
お金より大切なもの~11/22おすすめ馬紹介~

ぶっちゃけ出走していれば勝ててたと思うんだけどねぇ~。
実際に勝ったショウリュウイクゾは格上挑戦の馬だし。
ヒートオンビートと良い勝負をしていたフライライクバードは日経新春杯より速い時計で2勝クラスを勝ってるしね。

それにここ2戦敗れていると言っても、
2走前の西宮Sは通るコース通るコース前が塞がれる展開だったし、前走のラップ的にかなりレベルの高いレースだったと思うし内容的には悪くない。
↓↓↓前走のラップのレベルの高さについては以下のリンク参照↓↓↓
ペルーサファン歓喜の大物出現か~12/12,13気になる馬紹介~

ここは順当に突破してほしい所だけど、それでも負けている事実はある。それでももしこのメンバーで負けるとしたら同じレベルの高いオリオンSで好走した15ディアマンミノルを置いて他にないと思う。
ヒートオンビートの単勝に、ディアマンミノルとの馬連も押さえておけば完璧かな。

中京12R 古馬2勝クラス 8スエーニョブランコ

☚この馬のここがスゴイ…ここ2戦の内容は極めて優秀でダート短距離なら更なる高みを目指せる馬。パワー型馬場不安だが土曜の競馬を見る限りこなせるレベルにはあるはず

この馬はここ2戦の内容がとても濃いんだよね。

具体的にはどういったところでしょう。

前々走は脚抜きの良い馬場とはいえテンの2F22.6と言う1400mにしては速い流れを
11.9-10.7-11.4-11.8-11.9-11.9-12.4
と道中一度もペースを緩めることなく逃げ切っているし、
前走もその後3勝クラスで2着するファシネートゼットを相手に2着、3着以下を5馬身ちぎる中身の濃い内容。レースラップも
12.2-11.0-11.9-12.0-12.1-11.9-12.6
と1勝クラスを勝った時と負けず劣らず優秀だった。

確かに中身は濃そうですね。
ただ、いずれも比較的時計の速いスピード決着に見えます。
凍結防止剤を撒いたパワー型のダートでも通用するでしょうか?

正直そこは不安要素ではあるんだけど、土曜日の最終、同じ1400mの1勝クラスのレースラップが
12.7-10.9-11.8-12.4-12.8-11.7-12.4
上がり3F内に11秒台が出てくるほどの馬場なら十分こなせると思うんだけどなぁ~。

自信度…☆

小倉7R 古馬1勝クラス 2タニノヨセミテ

☚この馬のここがスゴイ…雨で少し時計がかかるようになった馬場は得意。切れを要しないレースなら安定して馬券圏内に入っており今回も期待大。

タニノヨセミテは比較的適性が分かりやすい馬で、「上がり3Fに11秒台前半が出てくるレース」で消して、そうじゃないレースで買えばいい馬。

確かに1勝クラスの4戦のラップを見ると、
9/19中京芝2000m戦 12.9-11.2-12.8-12.9-12.0-12.3-12.3-11.6-11.1-11.6 7着
10/10京都芝1800m戦 12.8-11.2-11.9-12.4-13.0-12.4-12.0-11.6-12.2 3着
10/24京都芝1800m戦 13.0-11.4-11.6-12.0-12.8-12.1-11.6-12.0-12.1 2着
11/7阪神芝1800m戦 12.5-11.4-12.0-12.1-11.8-11.7-11.0-11.2-11.7 5着
とハッキリしていますね。

今回と同じ小倉芝2000mでも未勝利を勝っているし、その時のラップも
12.6-11.2-12.1-12.4-12.1-11.9-11.7-11.7-12.1-12.5
と早めにペースが上がるローカル2000mに対応できている。
今回は馬場が回復したとしても、さすがに後半にポンポン11秒台前半が出るようなレースにはならないだろうからこの馬向きの馬場になると思う。
そうなれば、上位に来る可能性は高いと思うよ。

中京7R 古馬1勝クラス 10ロマネスク

☚この馬のここがスゴイ…このメンバーでは数少ない「ハイペースでもコンスタントに先手が取れる」馬。先行有利な中京ダート1200mなら逃げ粘る可能性は高い。

ロマネスクはこのクラスでダートを走るようになって6戦のうち5戦で3角順位3番手以内。
それらのレースにはテンの2Fが23秒を切るレースが2レースあり、コンスタントにテンの速いレースで先手を取れている。

中京のダート1200mコースは4コーナーに当たる残り600m~400mでペースが緩み、直線に入る残り400m~200mでペースが上がるレースが多い。
これは「4コーナーで先手を取った馬が一旦息を入れられる」と言う事を示しており、確実に先手を取れそうなこの馬には有利な材料。

また、ロマネスク自身も3走前に
12.0-10.9-11.8-12.1-11.4-12.2
と中京ダート1200mに近いラップイメージのレースで2着に来ており、直線で再加速能力もありそう。

過去2度あった休み明けのレースでは結果が出ていませんが、そのあたりはどうでしょう?

そこは確かに不安点だけど、それもあってか人気は比較的していない。単勝10倍前後ならそれを差し引いても十分狙う価値のある馬だよ。

東京8R 古馬2勝クラス 13プロヴィデンス

☚この馬のここがスゴイ…東京ダート1400mは【2/2/0/2】と相性の良いコース。前走はハイペースに巻き込まれただけで気にする必要なし。人気が落ちる今回は絶好の狙い目。

プロヴィデンスはここまで東京ダート1400mで【2/2/0/2】と好相性。
2か月開いたローテもここを目標にしてきた感があって好感が持てる。

でも前走はその東京ダート1400mで7着と敗れています。
そこに不安はないでしょうか?

前走はテンの2Fが23.2と言うハイペース。
全体を見ても
12.2-11.0-11.5-12.3-12.3-12.3-12.4
と言う消耗戦を思わせる東京ダート1400mとしては珍しいラップ。
実際掲示板に載った5頭中3頭が4角順位二桁の馬で、展開的にも厳しかったことが見て取れる。

本来の東京ダート1400mはプロヴィデンスが2着に来た河口湖特別(12.7-11.4-11.9-12.0-11.9-11.8-12.6)や古馬2勝クラス戦(12.6-11.1-12.1-12.2-11.7-12.1-12.4)のように「テンの2F23秒台後半~24秒台前半で入り直線になって加速するレース」になることが多く、その流れならずっぽしハマるのは間違いない。

前走が不安視されて人気が落ちるのはむしろありがたい話。
ここは穴で一発狙いたいね。

↓↓↓俺っちおすすめのお菓子です。競馬のお供にぜひ!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です