2年連続的中、狙います!(そらそやろ)~クイーンS予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の札幌メインはクイーンステークスです。去年のこのレース、館山さんは見事3連複万馬券を的中されていますね。

そのとお~り!去年のこのレースで大体の傾向をつかめたから今年も自信をもって予想したいね。気になる人は下にその時の予想のリンクを貼っておいたから見て見てみてちょ。

と、言う事で今年も行ってみよ!

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ミッキーチャーム:1.47.0 12.2-11.9-12.1-12.2-12.2-11.9-11.511.1-11.9(良) 48.5-46.4

2018年:ディアドラ:1.46.2 12.1-10.8-11.5-12.1-12.6-12.5-11.8-11.3-11.5(良) 46.5-47.1

2017年:アエロリット:1.45.7 12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-11.9-12.1-11.5-11.9(良) 46.8-47.4

2016年:マコトブリジャール:1.47.7 12.5-11.6-12.4-12.6-12.4-11.9-11.6-11.2-11.5(良) 49.1-46.2

2015年:メイショウスザンナ:1.47.1 12.3-11.6-11.6-12.1-12.3-12.1-11.7-11.6-11.8(良) 47.6-47.2

過去10年ラップタイム平均データ

☆傾向

①スピードorパワー…毎年どこかに11秒台が3F以上持続するラップは出ており、どちらかと言うとスピードが重視される。

②加速力or持続力…1Fの間で0.6以上の急加速を求められることはそれほど多くない。どちらかと言うと持続力寄りの競馬。11秒台前半の脚を使う必要はなく、逆にそれがあると切れ過ぎという不安もあり。

③前傾or後傾or緩急なし…1Fラップが最も速い区間と最も遅い区間を比べた差が1秒前後に収まることが多く、緩急は比較的少ない

④その他…中山重賞で好走経験(2着以内)のある馬が好成績。特に3歳春の重賞好走馬。

これらの傾向を条件化すると、

①11.5~11.9のラップが4F以上続くレースで好走(勝利orオープン級2着、以下同)がある。

②(テンの2F目【スタートから400m】までを除いて)1Fラップの最も速い区間と最も遅い区間の差が1.0以内のレースで好走経験がある。

③中山重賞で好走経験がある。

今年の出走馬をこの条件に当てはめた結果がこちら。

本命は去年も重い印を打ったあの馬

各馬のチェックの前に一ついいですか。

なんだい?

条件の①で「11.5~11.9」とあえて11.4以下の馬を省いているのはなぜでしょう?

俺っちはこのレースに必要な能力を「スピードの持続力」だと思ってるんだけど、11.5を切るタイムだとどうしても「最高速の速さ」に重きが置いてあったり、単純に高速馬場適性が高かったりする馬が浮上すると思ったからだよ。ここではあくまでも「一般的な馬場でのスピードの持続力」を持った馬を割り出したいからね。

なるほど。で、①~③すべて満たしたのは去年2着馬でその時館山さんが対抗に推していた2スカーレットカラー、去年3着馬でその時館山さんが本命に推していた6カリビアンゴールド、現在重賞2連勝中の8フェアリーポルカの3頭です。この中で館山さんが本命にされるのはどの馬ですか?

今年は

2スカーレットカラー

を本命にするよ。ダノンキングリーが勝った毎日王冠とほぼ変わらないラップ構成で勝った府中牝馬S、出遅れて仕掛けもやや遅れながら鋭い末脚で2着に来た阪神牝馬Sを見ても自力強化は著しい。

小回り、大箱コース問わずスピードの持続力を問われるようなレースではコンスタントに結果を残しているし、適性的にも申し分ない。去年はカリビアンゴールドを上位にとったけど、今年は充実度も加味してこの馬を推したい。

久々にあげる「特注馬」はこの馬だ!

それと今回の予想は久々に「特注馬」をあげてみたい。

ダイヤモンドSでミライヘノツバサの単勝万馬券を的中させたあれですね。いったいどの馬を指名されるのでしょう?

4タガノアスワド

だよ。

この馬は3歳時にオークストライアルのフローラSで3番人気に評価されるほど素質を高く評価されていた馬。結果自体も4着と馬券圏内には届かなかったけど、後のG1馬モズカッチャン相手にも決してヒケを取らない競馬をしていた。

この馬の最大の売りは11秒台のラップを持続しながら先行してもなかなかバテない耐久力。過去挙げている5勝のうち新馬戦を除く4戦のラップは

十勝岳特別:12.3-11.4-12.2-12.0-11.7-11.8-11.7-11.8-12.6

500万平場:12.4-10.7-11.5-11.7-11.6-11.5-11.4-12.4

西部スポニチ杯:12.8-12.0-12.8-12.2-11.9-11.2-11.3-11.2-12.1

マレーシアC:12.5-11.3-11.7-11.9-11.8-11.8-11.7-12.4-13.8

とすべてのレースで4F以上11秒台の持続がある優秀なラップ構成。

特に西部スポニチ杯では後にエプソムカップ4着と好走するアンドラステを3コーナーから早めに仕掛けて押し切る強気の競馬で押し切ったレースは本当に強かった。もしアンドラステがこのレースに出走したら結構な人気はするだろうし、それを考えるとこの馬にも十分チャンスはある。

安定感には欠けるけど、重賞のメンバーに入っても通用するポテンシャルはあるという、穴でねらうには持って来いの馬だと思うよ。

◎2スカーレットカラー

〇8フェアリーポルカ

▲6カリビアンゴールド

☆(特注馬)4タガノアスワド

×3ナルハヤ

×5アロハリリー

×10リープフラウミルヒ

×11モルフェオルフェ

×14シャドウディーヴァ

買い目

自信度☆☆☆

↓↓↓俺プロのリンクよりチェック↓↓↓

https://orepro.netkeiba.com/mydata/yoso_detail.html?id=47398056-2020

※俺っちのミスにより俺プロでは3ナルハヤの印が抜けております<(_ _)>。

一本調子な馬はNo Thank You~アイビスサマーダッシュ予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日は日本で唯一、直線1000mの重賞アイビスサマーダッシュです。

正直俺っちこの重賞苦手なんだよなぁ~。当たった記憶がまるでない。

そういわず頑張っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ライオンボス:55.1 11.9-10.2-10.5-10.7-11.8(良)

2018年:ダイメイプリンセス:53.8 11.8-10.0-10.3-10.1-11.6(良)

2017年:ラインミーティア:54.2 11.8-10.0-10.4-10.3-11.7(良)

2016年:ベルカント:54.1 12.0-10.2-10.6-10.1-11.2(良)

2015年:ベルカント:54.1 12.1-10.0-10.4-10.1-11.5(良)

☆傾向

①中の3Fは全て10秒台。当然のごとくスピードが必要。

②ただ、2019年を除いて3F目から4F目に加速ラップがみられ、完全に一本調子の馬よりも勝負所で少しでも加速できるタイプの馬の方が有利。

③過去5年の連対馬の10頭の内9頭は前走でもテンの2F目~4F目まで11.5を切るレースを走っており、ハイペースに慣れている馬が有利(例外の1頭は前走が出走取消だった2015年ベルカント)。

外枠が有利。過去5年中4年で6枠~8枠の内2頭以上が馬券圏内に入っている。過去5年連続で1頭は8枠の馬が馬券に絡んでおり、9年連続で7枠or8枠の馬が馬券に絡んでいる。

これらの傾向を条件化すると……、

テンの2F目~4F目まで全て11.5を切り、かつテンの3F目から4F目にかけて減速していないレースで勝利orオープンで連対経験。

前走テンの2F目~4F目まで11.5を切っている。

③7枠or8枠

新潟1000mは決して一本調子なスピードでどうにかなる舞台ではない

先ほども言いました通り、アイビスサマーダッシュは日本で唯一の直線1000mで行われる重賞です。コーナーがなく直線1000mの競馬と言う事でやはり一本調子なスピードが問われる舞台なんでしょうか?

スピードが問われるというのは間違いないだろうけど、一本調子なスピードだけでは勝てないレースだと思うよ。このグラフを見てちょ。

これは過去10年アイビスサマーダッシュのハロン毎のラップタイムの平均値をグラフ化したものなんだけど、これを見ると残り600m~400mの地点で前の1Fより加速していることがわかる。実際上に挙げた過去5年のラップタイムもそのうち4年では同じところで加速している。

そう考えると決して一本調子なスピードだけでなく勝負所でキッチリと加速できる能力も問われるレースと言えることが出来ると思うよ。

なるほど。ではその加速力がある馬を見極めるにはどうしたらいいですか?

そうだね。加速力と言っても「スローからの上がり勝負」に強い馬を選ぶんじゃなくて、ハイペースからさらに加速できる耐久力とのハイブリッド性が欲しい。だから、「①テンの2F目~4F目まで全て11.5を切り、かつテンの3F目から4F目にかけて減速していないレースで勝利orオープンで連対経験。」と言う条件を上げさせてもらったよ。上に挙げた3つの条件の中ではこれが最も大事かな。

その他①~③のデータを当てはめた結果が下の表だよ。

この中から館山さんが注目された馬はどの馬ですか?

5ナランフレグ

この馬は前半のペースの遅さは異なるものの浜松Sを勝った時12.2-10.8-11.4-11.3-11.2-11.3がアイビスサマーダッシュのラップイメージに近いし、このレースは加速ラップが続いている残り200m地点で既に抜群の手ごたえで先頭に並びかけている。このことから最後の1Fはラップが落ちるであろう今回なら1000m戦でも十分通用すると考えられる。

枠順がもっと外ならより良かったんだけど、馬券の妙味を考えても今回はこの馬から行きたいと思うよ。

◎5ナランフレグ

〇14ライオンボス

▲9ジョーカナチャン

△6ナインテイルズ

△7レジーナフォルテ

△17メイショウカズヒメ

△18ミキノドラマー

×2ラブカンプー

×10イベリス

×14ゴールドクイーン

今日はやけに印をたくさんつけますね。

最近馬券の調子が悪くてね。「当てたい」と言う気持ちが全面に出てるね。

△と×の差は何なんですか?

オッズだけの話、簡単に言うと「〇-▲-該当馬」の組み合わせで万馬券になる馬は△、ならない馬は×にしたよ。

買い目

単勝:5

馬連(BOX):5,9,14

3連複(フォーメーション):5-9,14-2,6,7,9,10,14,17,18

3連複(2頭軸流し):9,14-6,7,17,18

自信度☆

低レベル?弱メン?阿呆ぬかすな!!~函館記念予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。さて日曜日は本年最後の函館開催を飾る函館記念が行われます。早速予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:マイスタイル:1.59.6 12.7-11.7-11.9-11.7-11.8-11.9-12.0-12.0-11.6-12.3(良) 59.8-59.8

2018年:エアアンセム:1.59.8 12.2-10.9-12.0-12.6-12.6-12.4-12.1-11.6-11.6-11.8(良) 60.3-59.5

2017年:ルミナスウォリアー:2.01.2 12.5-11.1-12.0-12.4-12.6-12.3-12.1-12.2-11.8-12.2(重) 60.6-60.6

2016年:マイネルミラノ:1.59.0 12.3-11.0-12.0-12.4-12.3-11.6-11.9-11.7-11.9-11.9(稍重) 60.0-59.0

2015年:ダービーフィズ:1.59.1 12.6-10.8-11.5-11.7-12.0-11.911.8-12.1-12.1-12.6(良) 58.6-60.5

☆傾向

A.加速力と耐久力なら耐久力重視…過去5年を見るとラップ毎の加速が一番大きかった箇所(テンの1F目と2F目を除く)で2016年の0.7秒。ラップ全体の最高速の箇所と最低速の箇所の差(こちらもテンの1F目と2F目を除く)が一番大きいのも2015年の1.1秒と全体的に緩急に乏しいラップ。勝負所で一気に加速する能力より一定のスピードを持続できるタイプの馬の方が向いている。

B.スピードとパワーではややパワー寄り…テンの2F目を除いて11秒台前半のラップが出たことはなく極端なスピード勝負にはならない。11.6~12.2くらいのラップを続けられるくらいのスピードがあれば十分通用する。

この傾向を条件化すると、

①…A,Bよりテンの1F目と2F目を除いたラップ全体の最高速の箇所と最低速の箇所が1.0秒以内でかつ11.5~12.6のラップで構成されたレースで勝利orオープン2着以内の経験がある。

②…中山の芝1800m、もしくは2000mで準オープン勝利かオープンで3着以内がある。(過去5年の連対馬10頭の内8頭が該当)

小回りパワー型中距離で遺憾なく力を発揮できる2頭

さて、館山さん。今年の函館記念ですがTwitter上では「低レベル」「弱メン」との声も聞かれますがいかがでしょう。

はっきり言ってそんなこと言うやつは

阿呆

だと思うよ。

ずいぶん手厳しいですね。では、この中に天皇賞秋も狙えそうな馬がいると。

いや、そういうわけじゃない。でもそれは「レベルが足りない」と言うより「適性が合わない」と言う意味合いが強い。

確かにこのメンバーの中に最高速でG1はおろかG2を勝てる馬もいるとはお世辞にも言えない。でも、競走馬の能力はそれだけじゃない。「一定のスピードを長く持続できる」と言うのも大事な能力だし、「荒れ馬場でも良い馬場状態の時と近い走りができる」ことは『強い馬』に必須なことだと思う。

「傾向」のところでも触れたとおりこの函館記念においてはそういう「耐久力」や「パワー」を生かすにはもってこいのレース。そしてこの2つの能力ならどこへ出しても恥ずかしくないものを持っている馬がこの函館記念には2頭出走している。今回はこの2頭を中心に馬券を組み立てていきたい。

ずばり、その2頭とは?

まずは、

5カウディーリョ

俺っちがこの馬に注目するようになったのは去年の菊花賞。

このレース、3000mと言う長丁場にもかかわらず13秒台のラップが1度として出ない淀みない流れで推移した。だから、先行した馬、早めに仕掛けた馬は最後バタバタになってしまった。そんな中でこの馬は逃げて0.6秒差と差のない競馬をした。この馬の持つ耐久力を示したレースと言える。

2勝クラス、3勝クラスを勝った時のラップを見ると、どちらもテンの3F目からゴールまでの最も速いラップと最も遅いラップの差が1.0秒以内に収まった緩急のないラップで函館記念への適性はバッチリだし、いずれも11秒台が3F持続していてパワーだけでなくスピードも上々。オープン実績はまだないけれど能力では決してヒケを取らない馬。

もう1頭は

10トーラスジェミニ

この馬は巴賞見事な逃げ切り。最低人気で3着に粘ったエプソムカップがフロックでないことを証明して見せた。

2勝クラス、3勝クラスは速い流れのマイルで結果を残したため2000mは距離が長いのではないかと思われる方もいるかもしれない。しかし、2歳時は2000mの百日草特別をラスト5F全て11秒台と言う、2000m以上の2歳戦としては滅多にお目にかかれない好ラップ(俺っちの記憶ではこのレース以外だとダイワスカーレットの新馬戦くらいしか記憶にない)で逃げ切っており距離は問題ない。

この百日草特別の全体ラップは最初の1F13.5が出た以外は以降12.1-12.2-12.3-12.3-11.9-11.7-11.5-11.5-11.9と緩急がほぼなく、これも函館記念のレース傾向と合致する。

この2頭に関しては天皇賞秋のメンバーとはいかないまでも、毎日王冠に出るレベルの馬相手でも函館2000mと言う条件で走れば勝ち負けできるレベルの馬だと思うし、この2頭のワイドは大きく張っても良いと思う。自信度☆☆☆の勝負レースだね。

穴でねらいたいのは4歳馬の2頭

その2頭以外で気になる馬はいますか?

データ上は先述した通り「中山の芝1800m、もしくは2000mで準オープン勝利かオープンで3着以内がある」馬が好成績をおさめているし、その条件に該当する馬を狙いたい。

なぜその条件に当てはまる馬が好走するんでしょう?

ラップの傾向が似てるんじゃないかな。どちらも小回り中距離だし、最高速をそれほど問われないところもそっくり。

なるほど。今年のメンバーでその条件に当てはまるのは、4ランフォザローゼス、12プレシャスブルー、13ニシノデイジー、14アドマイヤジャスタ、16マイネルファンロンの5頭です。その中で館山さんが狙いたい馬はどの馬ですか?

4ランフォザローゼス

14アドマイヤジャスタ

の2頭だね。

どちらも4歳馬ですね。その2頭を選ばれた理由は何ですか?

まず、このレース自体ダービーフィズ(セントライト記念2着)やハギノハイブリッド(京都新聞杯勝ち)、サクラアンプルール(日経賞3着)などやや長めの距離に実績のある馬が活躍する傾向があることがあげられる。

ランフォザローゼスは青葉賞2着、アドマイヤジャスタはすみれS2着がありますね。

あと、2頭ともこの条件で走るのが久々でこれまでの負けを度外視できるという点もある。

ランフォザローゼスは小回り2000mを走るのはG1級のメンバーが揃った去年の札幌記念以来、そのレースの中には毎日王冠5着もあるし能力が衰えたわけではなさそう。前走の京都1400mはさすがに適性がいだろうし、適距離に戻った今回は一辺があっても驚けない。

アドマイヤジャスタは前走鳴尾記念で6着と久しぶりの1桁着順。小回り2000mには適性があるように思うし、人気が全くないなら狙っても損はないと思うよ。

◎5カウディーリョ

〇10トーラスジェミニ

▲14アドマイヤジャスタ

△4ランフォザローゼス

×16マイネルファンロン

買い目

馬連:5-10

ワイド(フォーメーション):5,10-4,5,10,14 (5-10のみ厚め)

3連複(2頭軸流し):5,10-4,14,16

3連単(フォーメーション):5,10→5,10→4,14,16

今年の夏も○○軍団!!~中京記念予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の阪神メインはサマーマイルシリーズの2戦目中京記念です。

阪神競馬場での中京記念って何か不思議な感じがするね。

まぁ、中京記念と言う名前ですから当然のごとく例年は中京競馬場で行われますからね。例年のデータが生かせないとなると予想も難しくなるのでは?

本来ならそうだろうね。でも、今年に関しては「サマーマイルシリーズはこの馬と心中する」と心に決めた馬が1頭いるから、その馬の単複を中心に考えているよ。

その馬とはズバリどの馬ですか?

18エントシャイデン

がその馬だよ。

エントシャイデンと心中しようと思った理由は?

去年の夏を思い出してほしいんだけど、2019年の夏競馬で俺っちが「この馬強くなったな」と感じたのはカデナとスカーレットカラーの2頭なんだよね。

それまでの2頭は、カデナはオープンでは完全に頭打ちになっていたし、スカーレットカラーは準オープンも勝てていなかった。

でも去年の夏を境に、カデナは福島民報杯3着の後、巴賞3着、小倉記念2着、新潟記念3着と結果を残し、今年に入ると小倉大賞典を勝って大阪杯でも4着と好走。スカーレットカラーはパールSで準オープンを卒業すると、マーメイドS3着、クイーンS2着、府中牝馬S1着とコンスタントに結果を残した。どちらも「夏に一皮むけた」と言う印象が強い馬だよ。

そしてどちらもノースヒルズの馬ですね。

そう。今年に入ってコントレイルを筆頭にディープボンド、コルテジアとクラシックに有力馬を続々と送り出したり、躍進著しいノーズヒルズ軍団だけど、その勢いは去年の夏から始まっていたように思う。そしてこれは「育成力」のたまものなのかなと感じるんだよ。

育成力ですか?

うん。カデナもスカーレットカラーも比較的早い段階から重賞で活躍してたんだけど、どちらもただ単に「仕上がりの早い馬」にとどまらず、古馬になってグンと成長してきたのは育成の段階でしっかり基礎的なことが出来ていたからと思うんだ。

それこそがノースヒルズの力だと。

そういう事。で、このエントシャイデンもこぶし賞でパクスアメリカーナ、ケイアイノーテックと良い勝負をしているし、このレースは前半4F45.9と言うハイペース。それを前々で競馬して踏ん張ったレースぶりも評価できる。

3歳秋から4歳春にかけて3連勝して一時「本格化か」と思わせたものの、オープンでは結果が残せずに1年以上経った。

しかし、六甲S以降、重賞の京王杯SC以外を除きすべて馬券圏内に入る活躍ぶり。この上昇カーブの描き方はカデナ、スカーレットカラーと瓜二つ。今年の「ノースヒルズ夏の上がり馬枠」はこの馬だと思う。基本はこの馬の単複で勝負したいな。

「基本は」と言う事は他にも気になる馬がいるんですか?

宝塚記念以降の阪神芝は長梅雨の影響かずっとやや水分を含んだパワー型の馬場を維持している。その影響か基本的に「逃げ有利」「加速力より耐久力のある馬が有利」と言う傾向がみられる。

そうなると警戒すべきは

4トロワゼトワル

この馬は京成杯AHを日本レコードで逃げ切っていて一見スピード馬場の方がよさそうにも見えるけど、レースぶりを見る限り「ハイペースで逃げて後続になし崩し的に脚を使わせることで自分を有利にする」という消耗戦どんとこいの競馬をしてるんだよね。だから今の馬場にはフィットするレースができる馬だと思うし、警戒が必要な1頭だよ。

◎18エントシャイデン

〇4トロワゼトワル

買い目

単勝・複勝:18

馬連・ワイド:4-18

自信度☆☆☆

世代初の重賞ウイナーに輝くのはどの馬だ!~函館2歳S予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日は世代初の2歳重賞函館2歳Sの予想をしてもらいます。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ビアンフェ:1.09.2 12.2-10.4-11.0-11.5-11.7-12.4(良) 33.6-35.6

2018年:アスターペガサス:1.09.4 12.1-10.6-11.2-11.7-11.6-12.2(良) 33.9-35.5

2017年:カシアス:1.10.0 12.1-10.7-11.7-11.6-11.6-12.3(良) 34.5-35.5

2016年:レヴァンテライオン:1.09.2 11.7-10.7-11.1-11.6-12.0-12.1(良) 33.5-35.7

2015年:ブランボヌール:1.10.6 12.2-10.6-11.3-12.0-12.3-12.2(稍重) 34.1-36.5

では早速傾向の分析をお願いします。

うーん。今回は傾向分析はやめにしておくよ。

どうしてですか?

まず、全体的に上がりがかかる傾向にはあるけれど、それが明確な傾向とまで言えるかは微妙だし、何より傾向がわかったところでほとんどの馬が1戦1勝で出てくるわけだから、特徴もつかみづらいんだよね。

だから、この函館2歳Sは去年使った予想方法をそのまま使って予想していくよ。

…………、すみません去年の予想方法ってどんなんでしたっけ?

よし。じゃあ振り返ってみようか。

まず、去年注目したのが連対馬のデビュー戦での決まり手。2010年~2018年の連対馬18頭を「初勝利時3角及び4角通過順位がともに①だった馬」、「初勝利時3角及び4角通過順位のいずれかに①または②が入っている馬」、「その他」の3種類に分けて、2着馬との着差に注目してみた結果だよ。

A.初勝利時3角及び4角通過順位がともに①だった馬

  • 14年1着アクティブミノル 通過順位①①(2着との着差0.8)
  • 14年2着タケデンタイガー 通過順位①①(2着との着差0.4)
  • 13年1着クリスマス 通過順位①①(2着との着差1.1)
  • 13年2着プラチナティアラ 通過順位①①(2着との着差0.8)
  • 10年1着マジカルポケット 通過順位①①(2着との着差0.4)

B.初勝利時3角及び4角通過順位のいずれかに①または②が入っている馬

  • 18年1着アスターペガサス 通過順位②②(2着との差0.4)
  • 18年2着ラブミーファイン 通過順位②①(2着との差0.2)
  • 16年2着モンドキャンノ 通過順位②③(2着との差0.2)
  • 15年2着メジャータイフーン 通過順位③②(2着との着差0.7)
  • 11年1着ファインチョイス 通過順位②②(2着との着差0.5)
  • 10年2着マイネショコラーデ 通過順位②②(2着との着差0.4)

C.その他

  • 17年1着カシアス 通過順位③③(2着との差0.6)
  • 17年2着ウインジェルベーラ 通過順位③③(2着との差0.1)
  • 16年1着レヴァンテライオン 通過順位③③(2着との差0.0)
  • 15年1着ブランボヌール 通過順位④③(2着との着差0.0)
  • 12年1着ストークアンドレイ 通過順位③③(2着との着差0.2)
  • 12年2着コスモシルバード 通過順位⑤⑤(2着との着差0.0)
  • 11年2着アイムユアーズ 通過順位③③(2着との着差0.3)

このように逃げ切りで勝った馬と言うのは去年のビアンフェ以外押しなべて0.4以上の差をつけて勝っている。つまり、函館2歳Sはスタートからのダッシュ力だけで押し切ってしまうのは難しくて、逃げた馬でもきちんと直線で再加速できる馬が有利なのではないか?と思う。

だから、予想の方法論としてはまず、Aに該当する馬は0.4秒以上Bに該当する馬は0.2秒以上の差をつけていない馬はまず馬券検討の対象から外す。その次に終いのしっかりした馬、具体的には上がり3F35秒台かもっと速い上がりを使えている馬を狙っていきたい。

なるほど。ではまず馬券検討から外すA、Bを満たす馬はどの馬ですか?

Aで外す馬は1リキサントライ、2ホーキーポーキー、4リメス、8フォドラ、9ディープエコロジーの5頭。Bで外す馬は7ニシノエルサ、10レディステディゴーの2頭で残ったのは8頭。

この中で5ラジアントエンティと14フォルセティは速い上がり(目安は35秒台)を使えていないから少し評価を下げて残るは6頭。過去の傾向を見ると函館1200mでデビューした馬は有利だから、その馬に絞ると3ラブケリー、6カイザーノヴァ、15モンファボリの3頭が残ったよ。

その中から本命を選ぶわけですね。ズバリどの馬でしょう?

3ラヴケリー

だよ。

その根拠は?

3頭の中で最も人気がなさそうだったからだよ。

…………、それだけですか?

まぁ、新馬戦の勝ち方がいかにも函館2歳S向きという軽快さを感じたからと言うのもある。ただ、これは感覚的なものだから根拠としては薄いかなと思う。だから、このレースの自信度は☆とさせてもらうよ。

◎3ラヴケリー

〇15モンファボリ

▲6カイザーノヴァ

△13リンゴアメ

×11グレイトミッション

買い目

馬連(流し):3-6,15

3連複(フォーメーション):3-6,15-6,11,13,15

このレースは簡単に~プロキオンS予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の阪神メインはダートの短距離重賞プロキオンSです。

世間的には「(同日に行われる)七夕賞難しすぃ~!!」って流れだけど個人的にはこのプロキオンSの方が難しいんだよねぇ~。今年は中京じゃなくて阪神で行われるから過去傾向も通用しないしね。

確かに今年は阪神開催なんで難しい部分もあるでしょうね。どうやって予想を組み立てていきましょう?

まずは過去3年(2017年6月以降)に開催された「阪神ダート1400mで行われたオープン以上のレース」のラップタイムを検証していくよ。

該当レースは全16レース。その傾向は、

①中盤の5Fは全て12.4以内。1つのレースを除いてテンの1Fも12.4以内で6Fは12.4以内のラップが持続する。→一定スピードを維持できる耐久力はこのレースの最重要ポイント

②2/3のレースでテンの2F目と3F目が11.5を切っている。→前半ハイペースでも無理なく追走できるテンのダッシュ力も必要。

まぁこんなところかな。

なるほど。では狙い馬を絞る具体的な条件はどうしましょう?

そのまま①6F以上12.4以内のラップが持続している。②テンの2F目、3F目がともに11.4以内。と言う条件を満たしたレースで好走経験がある馬を選びたい。ただ、それだけだと該当馬が結構多くなっちゃったから、これに「過去2年以内」「4角順位5番手以内」「1400m以上の距離」と言う条件をさらに重ねた結果残ったのは、3サトノファンタシー、5レッドルゼル、7ラプタス、8ブルベアイリーデ、9スマートダンディー、14サクセスエナジーの6頭。この中でサトノファンタシーは1年の休養明けだしテンに置いて行かれる可能性もあるから若干軽視した。

と言う事はとりあえず5頭に絞ったってことですよね。その中で本命はどの馬ですか?

14サクセスエナジー

だね。

元々重賞でもコンスタントに好走を続ける実力馬だけど、近2走はオープン特別とはいえ2連勝。どちらのレースもスタート良くダッシュを決めてねじ伏せる強い競馬だったしここにきてさらに一段階レベルを上げた印象。これならメンバーが揃ったこのレースでも安定して上位に食い込めると思う。

◎14サクセスエナジー

〇5レッドルゼル

▲8ブルベアイリーデ

△7ラプタス

×9スマートダンディー

買い目

馬連(流し):14-5,7,8

3連複(1頭軸流し):14-5,7,8,9

自信度はどれくらいですか?

ぶっちゃけ☆だね。自信はあんまりない。他に勝負レースも多いからこのレースは見する可能性も高いよ。

1年前の忘れ物を取りに行く!~七夕賞予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の福島メインはサマー2000シリーズの1戦七夕賞です。七夕賞と言えば去年の七夕賞で館山さんは悔しい思いをされましたよね。

そうそう。詳しくは以下のブログを見てほしいんだけど、簡潔に言うと「印をつける馬を5頭に絞り、その絞った5頭が1着~3着を独占したのにソールインパクトを軸にしたため外れ」ってなったんだよね。

悔しい思いをしたから今年こそは是が非でも当てたいんだよね。

館山さん、いつもより力が入ってますね。では、早速過去の傾向からチェックしていきましょうか。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ミッキースワロー:1.59.6 12.2-11.0-11.1-11.9-11.8-12.1-12.0-12.2-12.3-13.0(稍重) 58.0-61.6

2018年:メドウラーク:2:00.8 12.4-10.8-11.2-12.0-11.8-11.9-12.1-12.6-12.9-13.1(良) 58.2-62.6

2017年:ゼーヴィント:1.58.2 12.0-10.5-11.4-12.2-11.9-12.0-11.6-11.8-11.9-12.9(良) 58.0-60.2

2016年:アルバートドック:1.58.4 12.3-11.0-11.0-11.9-11.7-11.6-11.7-12.2-12.4-12.6(良) 57.9-60.5

2015年:グランデッツァ:1.58.2 12.0-11.3-11.5-12.2-12.5-12.4-11.8-11.4-11.1-12.0(良) 59.5-58.7

☆傾向

①過去6年の連対馬12頭中11頭に「2000m超の距離で勝利or重賞3着以内経験」ありと長距離実績のある馬が有利なレース。

②理由として考えられるのがペースと馬場。マルターズアポジーやメイショウナルトと言った外連味のない逃げ馬が出走したこともあって毎年2秒前後の前傾ラップになりここ4年はラスト4F全て減速ラップと言う消耗戦。長距離実績馬はもちろんハイペースに実績のある馬、消耗戦が得意な馬も積極的に狙いたい。

今年は長距離実績馬が多数。その中でピックアップしたい3頭とは⁉

館山さん、去年は「長距離実績のある馬を狙う」と言う考えのもと予想されたんですよね。

そうそう。去年は単に「データ上有利」と言う事だったんだけど、ラップを調べてみてその理由もなんとなく察しがつくようになった。それが②に挙げた「消耗戦になりやすい」と言うものだね。

今年は「2000m超の距離で勝利or重賞3着以内経験」がある馬が8頭いますから、その「理由」をもとに予想することも大事になってきますね。

もちろんそうよ。だから今回はまず7頭いる「2000m超の距離で勝利or重賞3着以内経験あり」と言う馬を「消耗戦に向くか否か」の観点で分けてみたよ。

消耗戦×

9ノーブルマーズ

ノーブルマーズがオープンに上がってから馬券に絡んだレースはメトロポリタンS、目黒記念、宝塚記念、小倉記念の4レース。そのうちメトロポリタンS、目黒記念は春の東京開催、小倉記念は夏の小倉開催と比較的時計の出やすいスピードタイプに有利な馬場。現にこの3レースは後半5Fに4F以上11秒台が持続しているし消耗戦とは言えないレース。長距離実績はあるけれど消耗戦に強いとは言い切れないと思うよ。

10ソールインパクト

ソールインパクトは去年の七夕賞で俺っちが本命にした馬。その恨みから軽視した……、と言うわけではもちろんなくて、今回はそのレース以来1年ぶりの休み明け。七夕賞自体は1度3着に来ているから適性はあるんだろうけど、去年はその時から着順を落とし、今回のレースでその去年より有利な条件はない。なのに去年より「上の着順を期待する」と言うのは酷だと思うよ。

消耗戦△

2ウインイクシード

7エアウィンザー

この2頭は消耗戦については良くもなく悪くもないというイメージ。ヒモには押さえておきたい2頭だね。

消耗戦〇

1バレリオ

この馬は母父クロフネと言うのが注目ポイント。過去5年で二桁人気順の馬を3頭馬券圏内に持ってきている相性の良い血統だよ。

クロフネと言うとスリープレスナイトやカレンチャンの父として知られ、どちらかろ言うとスプリンター色の強いイメージです。長距離の資質が問われる消耗戦と言うイメージとは相容れないのでは?

確かにクロフネは名スプリンターを何頭か輩出しているし短距離向きの種牡馬と言うイメージもあるかもしれない。でもクロフネはそれだけじゃなくてみなみ北海道Sを勝ったゴールデンハインドや2011年に函館2600mを連勝したドリームセーリングと言った長距離馬もちょくちょく出してるんだよね。ちなみにこの2頭の鞍上はともに荻野琢真。実際、JRAVAN調べによるとクロフネ産駒の芝2500m以上の勝率は10%を超えている。他の距離カテゴリーで勝率10%を超えているところはないから勝率だけ見れば長距離向き。ブルードメアサイアーとしては今年の宝塚記念を勝った「荒れ馬場の女王」クロノジェネシスも輩出しているし、消耗戦はどんとこいの種牡馬だと思うよ。

なるほど、クロノジェネシスの母父と言うのは消耗戦での強さを示すのに説得力がありますね。

3クレッシェンドラヴ

クレッシェンドラヴは去年の2着馬。この馬は「速く走れる馬」と言うより「他の馬が苦しい条件でも辛抱が効く馬」というイメージ。オープンに上がってから5戦しているけど、馬券圏内に入った3戦は前半1000mが57.4、58.0、59.2。馬券圏外だった2戦は前半1000mが61.8、60.2と明らかにハイペース向きの消耗戦適性を持った馬。

ぶっちゃけ個人的にはハイペースであれば大阪杯4着のカデナと大差ない能力を持っている馬だと思うしここは高い確率で上位に食い込むと思うよ。

今やカデナはG1でも穴人気するほどの馬になりましたからね。そこと同等の力があるのであればここでは上位でしょうね。

14オセアグレイト

オセアグレイトはダイヤモンドS3着時の内容がとにかく濃い。

あのレースは3400mと言うJRAで2番目の長丁場なレースにもかかわらず、バレリオが1周目のスタンド前から制御できずに逃げ馬をつついたために中盤ほとんど緩みのないタフな流れになった。このレースの上がり3Fラップが12.4-12.7-13.0だからラップ上でも直線は相当な消耗戦になったことがわかる。だから先手を取っていた馬は軒並み最後バタバタになったんけど、この馬だけはミライヘノツバサとメイショウテンゲンが抜け出した後も必死に踏ん張って3着を確保した。

つまり「消耗戦での強さ」を見せつけるレースだったと。

そういうことだね。このレースはそれだけ価値のあるレースだったし、このレースの経験が今回生かされる可能性は高いと思うよ。

奇しくもおすすめの3頭は全てステイゴールド系になりましたね。

言われてみればそうだね。

◎14オセアグレイト

〇1バレリオ

▲3クレッシェンドラヴ

△2ウインイクシード

×7エアウィンザー

☆11ヒンドゥタイムズ

買い目

単勝:1,14

馬連・ワイド(BOX):1,3,14

3連複(フォーメーション):1,3,14-1,3,14-1,2,3,7,11,14

3連単(フォーメーション):1,14→1,3,14→1,2,3,7,11,14

自信度の方はどのくらいですか。

去年手痛い外し方をして今年は手広くいったっていうのもあるけど、☆☆☆で勝負したいな。

ラジオNIKKEIとCBCやったらどっちが(放送局として)有名なんやろ~ラジオNIKKEI賞予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の福島メインは夏の3歳重賞ラジオNIKKEI賞です。

このレースは東京を中心に行われたクラシックやその前哨戦とは違った趣のレースになるから、荒れやすいんだよね。しっかりと穴馬券をとりたいレースと言える。

なるほど。具体的にどのような馬に向くレースなんですか?

それは傾向で説明するよ。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ブレイキングドーン:1.49.8 12.6-11.1-12.2-12.6-12.5-12.3-12.4-11.9-12.2(不良) 48.5-48.8

2018年:メイショウテッコン:1.46.1 12.2-10.4-11.6-12.1-12.4-12.3-11.9-11.6-11.6(良) 46.3-47.4

2017年:セダブリランテス:1.46.6 12.6-10.9-11.8-12.2-12.0-11.7-11.9-11.6-11.9(良) 47.5-47.1

2016年:ゼーヴィント:1.47.0 12.4-10.6-12.3-11.9-12.4-12.4-11.8-11.5-11.7(良) 47.2-47.4

2015年:アンビシャス:1.46.4 12.4-10.4-12.2-12.3-12.2-11.8-11.8-11.6-11.7(良) 47.3-46.9

☆傾向

①良馬場で行われた2015年~2018年の4年間は最初の2F以外のラップが全て11.6~12.4の間でおさまっており極端に緩急の少ないラップ。2019年も範囲がやや遅めにズレただけで緩急がないという傾向に変化はなく、急なペースアップに対応できる加速力よりも、一定のスピードを長く維持できる耐久力が重要。

②こちらも良馬場で行われた2015年~2018年の良馬場で行われた4年間は最後の3Fが全て11秒台となっている。①の通り11秒台前半というラップはないので最高速はそれほど速くなくても問題ないが、スピードとパワーならスピードが優先されるレース。

③2008年から12年連続でサンデーサイレンス系の馬が勝利。ディープインパクト4勝、マンハッタンカフェ2勝、ヴィクトワールピサ・ステイゴールド・ダンスインザダーク・ディープブリランテ・ニューイングランド・マツリダゴッホがそれぞれ1勝。有馬記念勝ち馬が8勝を占め、長距離寄りの血が活躍する傾向。

これらの傾向を条件化すると、

①耐久力…テンの2Fを除いたラップタイムの最も速い個所と遅い個所の差が1.0以内、かつハロン間のラップタイムの加速度がすべて0.5以内のレースで勝利orオープン連対経験あり。

②血統…父がサンデーサイレンス系。

狙うは切れ味タイプではなく耐久力タイプ

上の過去傾向を見てもらえるとわかる通り、ラジオNIKKEI賞は緩急の少ないレースで、道中溜めて勝負所で一気に加速するタイプの馬よりも一定のスピードを終始維持できるようなタイプの馬に向くレースだと思うよ。

それが①の条件ですね。

そういう事、それと「父サンデーサイレンス系の馬が強い」というデータ(②)を合わせて各馬①、②を満たすか否かをチェックしたらこういう結果になった。

1バビット:①×②〇

2ディープキング:①〇:3歳未勝利:12.4-11.0-12.2-12.6-12.5-12.3-11.9-12.1-11.9-12.3②〇

3アルサトワ:①〇:3歳未勝利:12.4-10.9-12.5-12.6-12.4-12.1-12.4-12.4-12.4-13.0②×

4コンドゥクシオン:①×②〇

5サクラトゥジュール:①〇:3歳1勝クラス:12.4-10.7-11.2-11.2-11.5-11.2-11.3-12.2②〇

6アールクインダム:①〇:菜の花賞:12.5-11.3-12.2-12.4-12.2-12.0-11.9-12.3②×

7ベレヌス:①×②×

8グレイトオーサー:①×②×

9パラスアテナ:①×②×

10コスモインペリウム:①×②×

11パンサラッサ:①〇:3歳1勝クラス:12.6-11.5-12.2-12.0-12.1-12.1-11.7-11.7-11.8-12.3②×

12ルリアン:①×②〇

と言う事で答えは火を見るより明らか。両方に〇がついた

2ディープキング

でいくよ。

この馬は3戦して2度連対しているんだけどそのいずれもが①の条件を満たしたレースをしている。耐久力には太鼓判を押せる馬。

またディープインパクト産駒はこのレース4勝しているし相性も良いレース。1勝クラスから格上挑戦の身だけど通用する能力は持っていると思うよ。

相手はどうしますか?ディープキング以外にも①で〇がついた馬が4頭、②で〇がついた馬が4頭いますが。

特に気になる馬が3頭。まずは、

11パンサラッサ

何と言っても前走でディープキングに勝っているし、未勝利戦で2.5秒差の圧勝を見せているように道悪もお手のもの。前走はそれなりに速い時計でも対応できたし晴雨問わない走りができるのは天候が安定しないこの時期のレースでは強みになると思うよ。

次に

3アルサトワ

前走ではプリンシパルS2着のポタジェに先着しているし、ポタジェがここに出てきた場合の想定される人気を考えたら、単勝で10倍以上つくのは間違いなく妙味がある。

2勝とも小回り2000mを逃げ切りで上げていることから耐久力が高いと考えられるし、ルーラーシップ産駒はローカル小回り1800m~2000mで好成績を上げている。チャンスは十二分にあると思うよ。

そして、

12ルリアン

この馬は①の条件は満たしていないんだけど、前走で終い4F全て11秒台後半で上がるレースは耐久力の高さを示していると思う。

父キズナは自身は2500m以上の長距離で実績はないけれど、産駒の成績を見ると主要4場の芝では勝率、連対率、複勝率すべて中山がトップで切れ味より明らかにパワー寄りの種牡馬。ディープボンドのようなスタミナ豊富な馬も出しているから、「長距離寄りのサンデーサイレンス系」という条件にぴたりと合致する。人気だけど押さえておかなくてはいけない馬だと思うよ。

◎2ディープキング

〇11パンサラッサ

▲3アルサトワ

△12ルリアン

×5サクラトゥジュール

☆6アールクインダム

買い目

単勝:2

馬連(流し):2-3,11,12

3連複(フォーメーション):2-3,11,12-3,5,6,11,12

3連単(フォーメーション):2→3,11,12→3,5,6,11,12

自信度はどれくらいですか?

今回は自信度☆☆にしておくよ。

ラップタイムを想像せよ!~CBC賞予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の阪神メインレースはサマースプリントシリーズの第2戦CBC賞です。例年は中京で行われるこのレースですが、今年は阪神競馬場での開催です。例年の傾向が当てはまらないと思うのですがいかがでしょう?

そうだね。こういう年はレース自体の傾向ではなく阪神芝1200m全体の傾向を見ながら予想すべきだろうね。

そうなると阪神芝1200mで行われるセントウルSを参考にするのが良いのではないでしょうか?

それは今年のこのレースに関しては

絶対にやってはいけないこと

だと思うよ。

どうしてですか?阪神芝1200mで行われる重賞はセントウルSだけですし、ここから考えていくのが自然だと思うんですが……。

セントウルSが行われるのは夏終わりで阪神開催では1年で一番馬場状態の良い9月開催の開幕週。高速決着になりがちで実際去年タワーオブロンドンが勝ったレースでは1分6秒台のタイムが出た。

それと比較すると今の阪神の馬場状態は先週の宝塚記念を見てもわかるようにかなり荒れてきているし、日曜日の天気予報も決して芳しくない。十中八九時計のかかるレースになると見るべきでセントウルSとは異なる適性が求められると思うよ。

そうなると何を拠りどころとして予想すればよいのでしょう?

方法論は色々あるけど俺っちは「ラップタイムを想像する」ことが大事だと思う。そうすればそのラップで勝つのに必要な適性がわかって予想がしやすくなるからね。

そのためにまずは「2017年9月以降、稍重より悪い馬場で行われた古馬2勝クラス以上の阪神芝1200m戦」のラップタイムを調べてみたよ。以下がそれをまとめた図だよ。

これを見て傾向を分析すると、

①前半のペースはそれほど落ちていない。

テンの2F目と3F目は8レース中7レースで11秒台前半。馬場が悪いからと言って前半のペースが極端に落ちているわけではない。

これはどの距離でも言えることだけど、道悪の競馬だからと言って全体のラップタイムが満遍なく遅くなると言う事はあんまりなくて、その影響はレースの後半に大きくなる傾向がある。

だから前半の速い流れに対応できる基礎スピード(ギアを上げずに無理なく走れるスピード)は必要だと思うよ。

②ゴールに近づくにつれて減速していく消耗戦ラップ

こちらも8レース中7レースはテンの2F目以降加速ラップが1度もないレースばかり。勝負所でギアを上げてスパートするというよりも、ゴールまでいかにギアを落とさず走れるかがカギとなってくる。耐久力を問われる消耗戦のイメージだね。

これらを踏まえてこのレースのラップタイムを推測すると、

12秒台-10秒台後半~11秒台前半-11秒台前半-11秒台-11秒台後半-12秒台

くらいになるんじゃないかなぁと考えた。そうすると大きく浮上する馬が1頭いる。

それはズバリどの馬ですか?

11アウィルアウェイ

だよ。

この馬は古馬オープンクラスで2勝をあげてるんだけど、

オパールSが12.3-10.7-11.0-11.4-11.6-12.2

シルクロードSが12.2-10.8-10.9-11.1-11.5-12.5

とどちらも今回想定されるラップタイムと非常に近しいものがあり、消耗戦は得意と予想できる。

また、昨年秋と年明けの京都開催は比較的時計のかかるパワー型の馬場状態だったし、今の阪神の芝状態に近いものがあり、馬力も申し分なし。まだ馬場の良い大外を一気に差し切る画が浮かぶようだね。これが軸で決まりだよ。

相手はどのあたりになりますか?

イメージに近いラップでオープン2着が2回(淀短距離S、バーデンバーデンC)ある6アンヴァル、オパールSでアウィルアウェイの2着だった5エイシンデネブ、稍重より悪い馬場で【5/2/3/4】と安定した成績を残す4グランドロワあたりを中心に考えているよ。

◎11アウィルアウェイ

〇6アンヴァル

▲5エイシンデネブ

△4グランドロワ

×14ディメンシオン

☆8ロケット

人気が予想される7クリノガウディーはいかがでしょうか?

高松宮記念で降着になったとはいえ1着入線したことで「1200mでも行けるやん」と人気するだろうけど、このレースは前半3Fが34.2で1200mにしては緩い流れだったんだよね。

だから、本当のスプリント適性と言うか、前半からガンガン緩めずにガンガン行くペースに対応できるかはまだ未知数な部分もあると思う。

なんか似たようなことを函館SSでも聞いたような…………。

ダイアトニックは1400mの実績はあったけど、クリノガウディーに関してはマイルしかないからね。俺っちは「この馬はマイラー」という見解でそれは間違いないと思ってる。

同じマイル実績馬ならクリノガウディーより京成杯AHで前半4F44秒台と言う激流を先行して2着に来た14ディメンシオンの方が距離への対応力も消耗戦への適性もあって面白いと思う。

買い目

単勝:11

馬連・ワイド(流し):11-4,5,6

3連複(フォーメーション):11-4,5,6-4,5,6,8,14

3連単(フォーメーション):11→4,5,6→4,5,6,8,14

自信度の方はどれくらいですか?

当日の馬場状態が読めない部分もあるから☆☆くらいかな。

パワー型かスピード型かの見極めはしっかりと~宝塚記念回顧~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。それにしてもクロノジェネシスは強かったですねぇ~。

本命にしておいてなんだけど、あそこまで圧勝するとは正直思ってなかったよ。

でも館山さん馬券は外れたんですよね。

傷口をえぐるようなこと言わないで(´;ω;`)。

ドンマイです。では、さっそくレースを振り返っていきましょうか。

時計&ラップタイム

勝ちタイム:2.13.5 ラップタイム:12.3-10.9-11.4-12.7-12.7-12.4-12.4-12.4-11.9-12.1-12.3 前半5F-後半5F:60.0-61.1

予想

直前の雨が明暗分ける!パワーのある馬が上位独占。

先ほども触れましたが、今年の宝塚記念はクロノジェネシスが6馬身の差をつけての圧勝でした。ここまでの差がついたカギはどこにあるのでしょうか?

やっぱりレース直前に振った強雨だろうね。この一雨で芝が水を含んで明確なパワー馬場になった。

クロノジェネシスは重馬場の京都記念を勝ってるし、その京都記念のラスト4Fが12.7-12.4-12.2-12.3、秋華賞のラスト4Fが12.5-12.0-12.3-12.1といずれも11秒台のない消耗戦、パワー寄りのレースだったから明確にこういうレースは得意だったからね。

これは他の上位入線馬にも言えることで、2着のキセキは不良馬場で行われた2017年菊花賞の勝ち馬、3着モズベッロは重馬場と去年秋の馬場の悪い京都のいずれも2000mを超える長距離戦で前半1000m60秒を切るハイペースの中圧勝をしている消耗戦に強い馬。5着のメイショウテンゲンもクロノジェネシスと同じように好走した重賞は上がり4F全て12秒台というパワー型。

これらの馬はいずれも「速く走れる」というよりも「悪天候や荒れ馬場と言った悪条件や前半からスタミナを消費するようなハイペースのレースで他の馬が苦しい中でも辛抱して走れる馬」というイメージ。その良さが前面に出たレースだったね。

それにしてもクロノジェネシスは強過ぎだったけど………。

そういったパワー型タイプの狙い目はどのあたりになってくるでしょうか?

秋のG1で言うと圧倒的に有馬記念が良い。3歳勢の出走状況にもよるけど、俺っちの中で有馬記念の印は◎クロノジェネシス、〇モズベッロまでは決めているよ。逆に天皇賞秋、ジャパンカップは後半4Fに11秒台前半が出てくるようなスピード重視のレースになりやすいからこれらの馬にはあんまり向かないと思う。

キセキについてはアーモンドアイが2.20.6で勝ったジャパンカップで2着に来たようにスピード馬場でも対応できるタイプだけど、どっちの馬場でも80点のイメージで適性が100点の馬に負けるイメージをしているよ。

決して得意ではない馬場でまずまずの走りをしたサートゥルナーリア。ポテンシャルは確かだが……。

1番人気で4着のサートゥルナーリアについてはいかがでしょうか?

決してベストとは言えないこの馬場でそれでも4着を確保してるんだからポテンシャルの高さは疑いようがない。ただ、この馬の売りは個人的には「瞬間的な加速力」と「最高速の高さ」だと思うんだけど、後者はともかく前者はなかなかG1では生かしづらい能力なんだよね。G1では1Fの間に1秒近く加速するようなペースにはなかなかならし。

秋のG1でそれに近い流れになりそうなのはジャパンカップで個人的にはこのレースが一番適性のあるレースだと思うんだけど、ルメール騎手が「距離が長い」って言ってるから出走するか微妙なんだよね………。

天皇賞秋はダメなんですか?

天皇賞は終始11秒台のラップが続くイメージでそこまで緩急がつかないレース。こういうペースではこの馬の鞍上の指示に即座に反応する爆発的な加速力を生かしにくいと思う。それならすでにそういうペースで実績のあるアーモンドアイとかサリオスの方に食指は動くね。

まとめ

1着 クロノジェネシス

◆パワーのいる馬場に適性があったことは確かだが、それでもこの圧勝劇は圧巻の一語。相当に力をつけている。

◆スピード馬場では信用度は落ちる。秋のG1毎に100点満点で適性を判断するなら。天皇賞秋50点、ジャパンカップ50点、有馬記念100点。

2着 キセキ

◆力があるのは認めていたが、ここで来るとは……。

◆秋G1の適性は天皇賞秋70点、ジャパンカップ80点、有馬記念80点。どのG1でも「めっちゃ適性のある馬」相手に負けそうなイメージ。

◆阪神大賞典で見せた精神面の不安定さも気になるところ。

3着 モズベッロ

◆パワー型のレースや消耗戦であればG1級の相手でも十分に勝負になることを証明。

◆秋のG1の適性は天皇賞秋30点、ジャパンカップ20点、有馬記念100点。仮に天皇賞やジャパンカップでボロ負けしても有馬記念は全力買いしたい1頭。

4着 サートゥルナーリア

◆おそらく得意とはいえないであろうパワー型全振りの馬場で好走したのはこの馬のポテンシャルの高さがなせる業。

◆秋G1の適性は天皇賞秋60点、ジャパンカップ90点、有馬記念60点。適性のなさをポテンシャルでカバーできる馬ではあるが、個人的にこの馬を一番見たいのはジャパンカップ。

5着 メイショウテンゲン

◆この馬もパワー型馬場での強さは現役屈指のもの。

◆秋G1の適性は天皇賞秋20点、ジャパンカップ15点、有馬記念90点。この馬の真の狙い時は来年2か月くらいぶっつけで開催して疲弊しきった状態の阪神で行われるであろう天皇賞春だと思う。

6着 ラッキーライラック

◆秋G1の適性は天皇賞秋50点、ジャパンカップ40点、有馬記念65点。この馬のベストは「小回り1800m~2000m」だと思う。